「研究室10周年おめでとうございます!(前半)」M田日記

6月のある日、私は卒業した同期のA木さんから、その月の末に研究室の10周年プレパーティーを開催すると聞かされた。向かいに座る同じく同期のT橋さんは、話が急過ぎやしないかと尋ねたが、事は既に動いているという。A木さんは、同じ研究室出身の先輩がいる会社に勤めており、後輩の代への伝言役を担っていた。

話の内容はこうだ。卒業したK倉先輩が結婚するので、K倉先輩の同期が披露宴用のビデオレターを先生方のもとへ撮影しに行く。しかしこれは先生方を一カ所に集める口実。実際はビデオレターを撮影している最中に(K倉先輩を含めた)その他の卒業生および、現役生が「ハッピーサプライズ!10周年おめでとうございます!」と突然乱入しお祝いするというもの。どうやらこの研究室は、サプライズをしないではいられない体質のようである。口実ではあるが、実際にK倉先輩が結婚することは本当らしく、イベントを楽しみながらもしっかりとデータを取っていくあたり、さすがは先輩方である。

聞いたところによると、この企画は一部の卒業生たちで不定期開催の飲み会をしている時に決まったそうである(以前より先輩たちの中では10周年をお祝いしたいという話は出ていた)。メインターゲットは、F井教授とM鍋准教授。早速、お二人が確実にいる日時を、助教のF市先生に電話で確認。F市先生はお子さんを寝かしつけながら、日時を決定。大学院入試説明会の午後は何かがおこります!(過去のブログをご覧ください:藤井先生の半世紀を生きたお祝い)

プレパーティー当日、現役生は何が合図で、何がおこるのか分からないまま、学生部屋で軟禁状態となっていた。すると、先発部隊(K倉先輩の同期の方)が、ビデオレターを撮りに先生方のところへ挨拶に来た。F井教授もM鍋准教授も後からたくさんの卒業生が来ることは露知らず(F市先生は全てを知っている状態で)、先発部隊と挨拶を交わし、さっそく撮影開始。すると、後発部隊が忍者のごとく現れ、現役生に乱入の合図を説明。これにより、無事に軟禁状態を解かれた現役生を仲間に加え、サプライズ御一行は、(合図を無視して飛び込もうとするM田先輩を制止しつつ)携帯を片手に撮影部隊からの合図を待つことになった。

(待っている間のやり取りを一部ご紹介)
M:「今来て!って流したらすぐはいってきて。」
A:「準備OKです!」
M:「あと2分くらいだと思います…!」
K:「扉の前にいるよ」
M:「撮り直しに入ってるので2分ほどお待ちを」
M:「F井先生がカミカミです」
M:「今度はM鍋先生がかんだので、またお待ちを」
K:「どきどき、わくわく」
M:「きて!」
A:「うるせえ」(←誤送信)

といった感じで、先生方も学生も理由は違えど、皆さん落ち着かない様子でした。
「来て!」の合図で、M鍋准教授さながらの勢いで扉を開き、K倉先輩が乱入!後に続けと、他の学生が流れ込む!
「ハッピーサプライズ!10周年おめでとうございます!」
F井教授は、めったに絞めないというネクタイをしながら悔しがる様子。M鍋准教授も、めったに絞めないというレッドソックスのマスコットキャラクターを締めながら、お祝いされている側なのになぜか拍手。F市先生は、(全てを知りつつ)驚いた様子。学生を含め、皆さん良い表情でした。
b0136535_08313513.jpg

といった形が第一部。ここまでの企画は、正式な10周年パーティーをしようという機運を高めるために執り行われたもの。後日、第一部に参加できなかった先輩方や研究員で在籍されていた方も含めて第二部が行われることとなりました。
b0136535_08312998.jpg

by Fujii-group | 2018-11-08 08:31 | メンバーの日記 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31