ワールドシリーズ結果予想:T谷部

こんにちは。
日の短さに秋を感じ、時の流れの速さを実感しているB4のT谷部です。

もうすぐメジャーリーグのワールドシリーズが始まります。そこで、先日のラボミーティングでF井先生から「ワールドシリーズ結果予想」の任務を承りました。
しかし、私自身は埼玉の球団を応援するのが専門です。メジャーは守備範囲外であるので、選手・チームの細かい事情はF井先生に任せ、1987-2017年に開催された30回のワールドシリーズの結果を調べてみることにしました(1994年はストライキのため中止)。
b0136535_10071440.jpg
初戦が大事?
まず、短期決戦は「先手必勝」(最大7試合で先に4勝したチームが優勝となります)ということで、優勝しているチームは勝ちスタートであろうと考えました。
初戦勝利チームが優勝したのは、30回のうち23回でした。初戦、第2試合と一方のチームが2連勝した18回のうち17回は、2連勝したチームが優勝しています。やはり初戦から勝つことが大事そうです。
開催地も関係するのでしょうか。1987-2017年で行われた166試合のうち、優勝チームは96試合が本拠地、70試合が敵地での試合でした。優勝チームの勝率は本拠地.718、敵地.728と本拠地、敵地問わずに高い勝率です(優勝しているので当たり前でした)。また、30回のうち20回は初戦を本拠地で戦ったチームが優勝しています。しかし、直近10年では初戦を敵地で戦ったチームが6回優勝しているので近年では五分五分かもしれません。

短期決戦は短期決戦
また、レギュラーシーズンの成績が良い方が勝つのでは?という考えから、両軍のレギュラーシーズンの勝率を比較してみることにしました。こちらは直近3年間です。
2015年.586○-.556●
2016年.584○-.640●
2017年.642○-.623●
2015年、2017年は勝率が高かったチームが勝利しています。しかし、2016年はレギュラーシーズンの貯金(勝ち越し)はそれぞれ26、45と両軍に大きな差があるにも拘らず、勝率が低く、貯金も少なかったチームが優勝していました。レギュラーシーズンの成績から予想することは難しいようです。

まとめ
今年の対戦カードはレッドソックスとドジャースです。①の傾向から、初戦に勝利したチームは期待大です。参考までに2018年レギュラーシーズンの勝率はレッドソックス.667、ドジャース.564となっています。
どちらが優勝かの予想は①②からだと開幕前の現時点では難しいですが、先日のミーティング中に「レッドソックスが優勝するに決まっている」との情報を耳にしたので、それを参考に「初戦を取ったレッドソックスが優勝する」というのを私の予想としたいと思います。勝敗は過去30回の平均である4勝2敗としておきます。

果たして、今回の予想が当たっているのか(そもそも①②③は適当なのか)、レッドソックスを応援しながら検証してみてください。


by Fujii-group | 2018-10-26 18:06 | メンバーの日記 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31