藤井先生へ (A木ブログ)

不特定多数の方が目にするブログで、私は大きな声で謝罪したいと思います。
一昨年、シークレット・サンタにおいて、私にオシャレなティッシュを下さったのは、独特なセンスを持っている三田くんだと思っていましたが、本日、藤井先生であることが発覚しました。

以下、私と高橋さんを中心にティッシュケースに対して吐いた暴言です。
・なぜ、7人の小人が2人しかいないのか
・しかも小人がちゃんと接着されていないのか
・なぜ葉っぱを巻いたのか
・「細かいところをこだわっているのに、ケースの裏に鉛筆書きの後が残ってるあたりが三田くん」
・「少し細かい芸がきいているところがマジで三田くん」
・「このセンスは三田くん」

本当に申し訳ありませんでした。
この暴言は、昨年の11月に三田くんが小宮くんにプレゼントしたことを吐くまで、約一年間言い続けました。(三田くんがもっと早く教えてくれていたら、こんなことを招くことはありませんでした。)
藤井先生は「もしこれを僕があげていたら、恥ずかしくて名乗り出られない」とのことでしたが、この度、藤井先生であることがラボミーティングで発覚し、現在の私は本当に申し訳ない気持ちで一杯です。
この時ほど、主査がM鍋先生であることに感謝したことはありません。どうか、卒業させてください。

恐らくですが、藤井先生は、マウスアレルギーの私が鼻水が止まらなくなっても大丈夫なように、優しい心遣いでティッシュをくれたのだと思います。本当に感謝しています。二年経った今でも、ティッシュケースは大切に使っています。このケースから出てくるティッシュは心なしか、少し柔らかく、鼻に優しいようにも感じます。きっと、藤井先生の心遣いがティッシュにも伝わっているのだと思います。

この度は本当に申し訳ありませんでした。シークレット・サンタは何が起こるか分かりません。皆さん、発言には本当に気をつけましょう。

青木・高橋
b0136535_16542001.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2017-12-15 20:53 | メンバーの日記 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30