東京案内(古市)

昨年6月に我々と京都で交流してくださったWojtaszewski先生の娘さん・フライヤーとその友人のジュリーが日本を訪れるということで、ラボメンバーで東京案内をしてきました。
 今回のツアー・コンダクターは三田君。待ち合わせではデンマーク代表のサッカーユニフォームを身に纏い、気合いは十分。

秋葉原でのサブカルチャーと浅草での王道文化を楽しめるプランを用意してくれていました。秋葉原では目当ての店が閉まっているハプニングもありましたが、プリクラやガチャガチャ、音ゲーを楽しんでもらい、遊んだ後は猫カフェでくつろぎました。
 浅草寺で参拝を済ませた後は、眞鍋先生がこよなく愛す100円ショップに向かいました。100均のおもちゃは海外の方にとても好評でオススメです。最後は江戸東京博物館に行って、東京の歴史について学んでもらいました。ここは僕も初めての訪問。大変勉強になりました。

 時間が過ぎるのは早いもので、夕暮れとなった両国国技館の前でお別れをすることになりました。事件が起きたのはこのとき。せっかくなので最後の記念撮影は力士のポーズをしようと、僕が四股をやって見せた瞬間でした。ビリビリビリと大きな音を立てて僕のズボンのお尻部分が綺麗に破れたのでした。爆笑しながらも心配して僕を見つめるフライヤー。彼女を安心させようと思った僕はとっさに一言。This is a Japanese Joke!! 今考えると意味不明ですが、それを聞いて彼女は遠慮無く笑ってくれました。反射的に英語が出るようになったのは最近の練習の成果だと思っています。
 彼女たちは2.5ヶ月の世界旅行中だそうで、明日はチリに向けて飛び立ちます(日本の前は東南アジアの国々に行ってきたそうです)。High Schoolを卒業したばかりだというのに(若い!)、そのアクティヴな姿に感服しました。きっと国際的に活躍されるお父さんの影響を受けているのだと思いました。
 夜にWojtaszewski先生から藤井先生へ御礼のメールが届きました。彼女たちは喜んでくれていたようで、僕も嬉しくなりました。


[PR]
by Fujii-group | 2017-03-25 22:38 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31