論文アクセプト

本研究室が立ち上がってから、色々と苦労し立ち上げた系の論文がようやくアクセプトになりました。
ブログに挙げようと思っていたら、教授が書いてくださいましたので、そのままの文を掲載させていただきます。
本論文は、これまで頑張ってきてくださったラボの皆だけでなく、困った時に助けて下さった様々な所属の研究者、並びに関係者の方々によるものです。直接名前は載っていなくてもたくさんの方に支えられました。
本当にありがとうございます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
眞鍋先生の論文がアクセプトされました!b0136535_2022272.jpg

Yasuko Manabe, Shota Miyatake, Mayumi Takagi, Mio Nakamura, Ai Okeda, Taemi Nakano, Michael F. Hirshman, Laurie J. Goodyear, Nobuharu L. Fujii

Characterization of an Acute Muscle Contraction Model using Cultured C2C12 Myotubes. PLoS ONE 2012 in press

これまで眞鍋先生が、苦労しながらも手塩にかけて育ててきた骨格筋細胞の新規収縮モデルが、世に出ました。この研究を萌芽から知っている、ボストン時代のボス・スタッフからも祝福のメールが届きました。

眞鍋先生を中心に、多くの人たちが携わって仕上げることができた論文です。本研究室も負けじと、皆でお祝いのケーキを用意しました。
b0136535_20222963.jpg


本研究室の関係者なら、この論文を象徴していることが分かる、喜怒哀楽がいっぱい詰まったケーキでした。

時を同じくしてさらにもう一報、眞鍋先生と山田君が過去のメンバーと共に成し遂げた、膵臓β細胞からのインスリン分泌に関する研究も、論文としてアクセプトされました。

Miho Tsuchiya*, Yasuko Manabe*, Kenichiro Yamada, Yasuro Furuichi, Masahiro Hosaka, and Nobuharu L. Fujii (* equally contributed)

Chronic exercise enhances insulin secretion ability of pancreatic islets without change in insulin content in non-diabetic rats. Biochem Biophys Res Commun. 2012 in press

おめでとうございます。
[PR]
by Fujii-group | 2012-11-28 20:23 | 研究に関連する話 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31