桜について

首都大周辺の桜も散り、葉桜へとかわりつつあります。
さて、桜にちなんで教授が面白いデータを取ってくれました。以下その結果です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 本研究室で人気の「さくらソング」を調査しました。歌詞やタイトルに「さくら」が入っていなくても、春を感じさせてくれる曲ならばOKという広い括りで、自分が一番好きなものをあげてもらいました。有効投票数は16で、11曲が選ばれました。接戦、というよりも千差万別か。日本には多くの「さくらソング」があって、それぞれの魅力は様々で、心に触れる理由も個々で異なるのでしょうか。

一位(獲得票数3)

「さくら」 ケツメイシ
「桜」 コブクロ


二位(獲得票数2)

「さくら(独唱)」 森山直太朗


三位(獲得票数1)

「花は桜 君は美し」 いきものがかり
「SAKURA」 いきものがかり
「Fight the Blues」 宇多田ヒカル
「桜坂」 福山雅治
「Spring of Life」 Perfume
「桜色舞う頃」 中島美嘉
「桜」 川口恭吾
「桜」 川本真琴

b0136535_1855067.jpg
写真は首都大から見える桜
[PR]
by Fujii-group | 2012-04-16 18:06 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31