ハーバード白熱教室


 ちのラボは大学に所属しておりますので、先生方は当然のことながら、授業があります。そして、最近の大学は、大学生以外にも一般向けの市民講座も提供しているため(首都大学東京でオープンユニバーシティと言います)、一般向け授業も担当しております。
 簡単に「授業をしている」といっておりますが、各先生方、準備にはとても時間をかけるのです。色々勉強して、調べ、資料を集め、どうしたら、そのトピックに興味を持たせられるか、このややこしい内容を何に例えると、頭に浸透していくのだろうか・・?、聴衆に合わせて(大学何年生レベルか?大学院生か?専門家向けか?一般向けか?)、どの程度まで話すことが適切か? などなど・・・。

そんな中、最近、NHKで放送されているハーバード白熱教室の話題を聞きました。なんと!アメリカでは、サンデル教授が行う講義があまりにも人気になりすぎて、授業の公開に踏み切ったそうです。授業が一般の目に触れるのは、史上初めてのことらしい。そして、最近はNHKで放送しており、日本にいながらハーバードの授業が拝見できるのです。

 授業の内容は、哲学倫理に関することで、我々の理系分野とは少し違うのですが、私は内容というよりも授業のスタイルに感動しました。
 先生が、黒板やスライドを多用するわけではなく(先生が一方的に概念を教えるわけではない)、学生がとにかく学ぶことに熱心(学生が自ら考えて発言する、誰も先生の授業のノートを取ることに集中していない)、そして学生の知識力(勉強していないとあれだけの発言はできないぐらい勉強しております、また過去の先生の発言内容をよく覚えていて、反論の時にはそれを引用しながら、反論している)、これは、日本ではありえない光景です。そして、ああいう光景をみると、我々先生方は深く反省するのです。いや、日本のスタイルでは、学生に考える力をつけさせることはできないかなあ・・・と。
 
 ただ、今の日本で、あの授業形式にしたら、誰も発言しないでしょうし、「先生、テキストはないんですか?何を勉強すればいいのですか?」と反感を生みそうな気もします。

 我々、先生方も、そして、学生も少し勉強する、考える、教える、教えられるということを考え直さないといけないのかなあと思う授業です。
[PR]
by fujii-group | 2010-05-29 11:52 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31