That‘s my point - 2-

先日に関連した記事がまた別のサイトにありました。


http://sankei.jp.msn.com/science/science/100221/scn1002210702000-n1.htm

 民主党政権がよいとか自民党政権がよいとかは、別として、政権交代がおこわなわれてからというもの、少し科学の予算の使い方にも注目が集まっており、うれしく思います。

 このようなことは、大学にいる先生が少なくとも一度は感じたことがあるはず。「なんでこんなにお金が使いにくいのだろう?」と思いながらも、声を上げていくところがなく、我慢してきました。
 研究費のほとんどは、国民の税金からきているので、きちんとした説明ができる使い方が必要です。しかし、最近は「研究のためにお金を使う」というよりも、「不正がないようにお金を執行する」が第一目的となってしまっているのが、とても悲しいことです。
ある制度を作ったら、トライ&エラーで、まずいところは改善していかないと・・・・。
日本は制度を決めると、使いにくい方法だろうが、欠陥があろうが、「ルールですから」の一言で、まったく改善する余地を残していない気がします。もう少し研究費が使いやすくなること望んでおります。
[PR]
by fujii-group | 2010-02-25 20:02 | 研究に関連する話 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31