来年度には

私たちのラボが所属するヘルスプロモーションサイエンス学域は、学部を持たないので、4年生の研究室配属というのは、理論的にはありません。つまり、現在のラボの学生さんは、大学院入試をうけて、他大学から入ってきた人がほとんどです。
しかし!、理工学部の生命コースの学生は、卒業研究に藤井ラボでの研究を希望すれば、卒業研究の配属ラボとすることができるのです。もちろん、大学院にもはいることができます(入試に受かれば)。昨年度はラボができたばかりで、認知度も低く、希望者はおりませんでした。

先日、生命コースの学生さんに来年度配属のラボの希望調査を行いましたところ・・・!いました。うちのラボ希望の学生がたくさん。

私自身は、直接は会ったことがないのですが、教授曰く「やる気がある学生たちだ!」とのことですので、うれしい限りです。4月に4年生になるまえから、少しでもラボに来たいという学生もおり、期待大!

とりあえずは、ラボミーティングに参加してもらい、研究への意欲をさらに駆り立ててほしいものです。

大学院生も下級生ができることで、もうお粗末なラボミーティングはできませんね。
皆の士気が上がることを祈っております・・・
(っといいながら、次のラボミーティングの担当は管理人です。008.gif
[PR]
by fujii-group | 2010-02-13 14:23 | 研究に関連する話 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31