豊田博士のセミナー

先日、藤井ラボ所属で現在アメリカで修行中のポスドク、豊田君のセミナーがおこなわれました。彼は運動後の骨格筋におけるインスリン感受性の増加について研究しているのですが、とても面白かったです(内容の詳細の説明は割愛させていただきます)。
b0136535_1917020.jpg


 今回のセミナーは彼が、アメリカで行っている(行ってきた)実験をメインに解説してもらいました。現在、とても面白いところまで結果が出ております。彼の実験スタイル(小さな部分に、細心の注意をはらうこだわり)が、実験を成功に結び付けたのではないかと思います。
 そのこだわりとは、本当に小さなこと、例えば、骨格筋を取り出すときの解剖の手法だったり、試薬を調整する時のボルテックスの回転数・時間を、いつも同じにすることだったり、と、一つ一つはとても些細なことなのですが、このような配慮の積み重ねによって、これまで他人が出せなかった結果を出すことができたのだと思います。または、彼自身が気づいていないとても小さな点が、クリアな結果に結び付いたのかもしれません。
 実験にはプロトコルがあっても、プロトコルに書いていない行間のテクニックが、その結果を大きく左右することになるのでしょう。実験は、実践&失敗しながら学んでいくことがとても多く、いくら机で勉強していても、得られることのできないことが多くあるんだ、と気づかされる内容でした。

 セミナーの後は、ラボの学生たちと共に、懇親会を兼ねた飲み会を行いました。学生も、少し年の近い、偉大な先輩から得られるものも大きかったと思います。豊田博士ありがとうございました!。そして、いつか日本で一緒に研究ができることを、ラボ一同、望んでおります。
[PR]
by fujii-group | 2010-01-21 19:57 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31