<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新人の紹介:副専攻 H田さん

はじめまして。
今年度から副専攻の研究でお世話になります、H田です。

わたしがこちらの研究室を選んだのは、今年副専攻で研究したことを来年の卒研でも生かせる研究室に行きたいと思ったからです。

わたし自身は運動は全く得意でなく、むしろ苦手な方です。スポーツは完全にやるより観る派です。
でも、スポーツ観戦は行ったことはないですが興味はあります。誰かサッカーや野球に詳しい人に連れて行ってほしいです。
部活は中高大と吹奏楽部で、気がつけば今年で9年目に突入しました。我ながら長いと思います。辞めどきがわからなくなってきました。

特徴として、かなりよく食べます。食べ放題に行くといつも時間が足りません。都会の食べ放題はなぜみんな70分や90分しかないのでしょうか。笑
お酒もそこそこ強い方です。最近ビールが飲めるようになって大人になったなあと実感しています。

それから、イベントごとも大好きなので、こちらの研究室では研究だけでなく季節ごとの行事も今からとても楽しみにしています。
今年の副専攻生はわたしだけなので同期がいないのは少し寂しいですが、その分周りの先生方、先輩方からたくさんのことを学び、実り多い年にしていけるよう精一杯頑張ります。
宜しくお願い致します。


[PR]
by Fujii-group | 2017-05-18 19:00 | メンバー紹介 | Comments(0)

新人の自己紹介:J.Cさん

はじめまして、自己紹介が遅くなりました、今年度卒研生としてお世話になっておりますJ.Cと申します。先輩方のように名前を「ローマ字+漢字」の表記で書きたいところですが、私の苗字が一文字であるため、「下の名前ローマ字+苗字ローマ字」で書かせていただきました。何故間に「.」をいれたのかというと、単純にJCと区別したかっただけでした。

私は一年生の時藤井先生の授業を受け、二年生で副専攻の履修を考えていた時この研究室を知りました。人間健康科学について関心があり幅広く学びたいと思い、副専攻は公衆栄養学で、卒研はここを選びました。現在はマイオカインに関しての課題を進んでいて、早くメンバーの役に立てるよう頑張ります。

小学校から高校まで学校のオーケストラでバイオリンをやっていました。大学に入りバイオリンは実家に置いてきたのでブランクはありますが実家に帰る度練習して経験を積んでいます。この影響もあり、クラシックが大好きです。オーケストラで一番好きな曲はThe Phantom of the Operaとアントニン・ドヴォルザークのCarnival, Op. 92です。現在オペラにもはまっていて、劇団四季様の「オペラ座の怪人」横浜公演も先日観劇しました。迫力があってとても素晴らしかったです。

私はいざやるときはテキパキやるタイプだと思うのですが、何故か眠気があるときはホントに眠気に勝てなくてずっと悩んでいます。コーヒー、目薬、洗顔、ガム……色々試しましたが効果抜群には至らず……今は同じ卒研生の勧めでメガシャキという香辛料を含む炭酸飲料をモニタリング中です。もし他に眠気に勝てる良い方法がありましたら教えていただければ幸いです。

研究室に来て一ヶ月経ち至らぬ点も多々あるかと思いますが、何卒宜しくお願い致します。


[PR]
by Fujii-group | 2017-05-15 22:09 | メンバー紹介 | Comments(0)

JCのまとめ:古市

Science. 2016 Jul 8;353(6295)
Asymmetric division of clonal muscle stem cells coordinates muscle regeneration in vivo.
Gurevich DB, Nguyen PD, Siegel AL, Ehrlich OV, Sonntag C, Phan JM, Berger S, Ratnayake D, Hersey L, Berger J, Verkade H, Hall TE, Currie PD.

「骨格筋が損傷すると、サテライト細胞が増殖、融合して傷ついた筋線維を修復する。」
 僕も授業や講演で必ず口にする台詞ですが、これは本当でしょうか。筋の再生に対するサテライト細胞の振る舞いは、in vitroの実験結果をもとに推測されたものです。つまり、これまでは誰もin vivo(生体内)でサテライト細胞が筋線維を修復する様子を観察したことが無いので、それが本当だとは断言できませんでした。
 生きている骨格筋でサテライト細胞が再生する様子を捉えたのが今回の論文です。このグループは、ゼブラフィッシュ(身体が透明で、遺伝子改変による標識が簡単)の筋肉に針やレーザーを当て、筋の再生をイメージングすることに成功しました。
 フィッシュにもサテライト細胞は存在するようで、Myf5(休止、活性、増殖期に発現)の制御領域にGFPを挿入したTgフィッシュを使い、再生過程を観察しました。サテライト細胞は分裂しながら損傷部位を遊走し、双極伸展した後に融合(分化)していきました。面白いことに、筋芽細胞が分化する前には近傍の筋線維からfilopodia(糸状仮足)が伸びて遊走している細胞を捕まえるそうです。
 哺乳類では転写因子Pax7が休止状態のサテライト細胞のマーカーとして使用されますが、フィッシュではcMet(受容体型チロシンキナーゼ)が休止期サテライト細胞のマーカーであることが示されました。cMet(mCherry)とMyf5(GFP)のダブルTgフィッシュを使って、サテライト細胞が非対称性分裂(細胞分裂した際、一方は筋発生、もう一方は自己複製する)することが証明されました。cMet陽性細胞を特異的に削除するシステム(cMetのプロモーターでKalta4が発現し、それがUAS配列に結合することでnfsBが発現する。nfsBはMetronidazoleを活性化(毒化)するので、その細胞は死んでしまう。)を使って、サテライト細胞が無くなると筋再生が悪くなることも示されています。
 最後に、Zebrabowという蛍光標識によって隣り合う細胞の由来が同一(クローン)かどうかを調べる手法で、再生した筋線維のClonalityを検証しました。これはCreがランダムにlox配列を切る性質を利用し、GFP、CFP、RFPのどれかが発現して、さらにそれが3コピーあるので細胞が10種類の色をランダムに発色するというシステムです。その結果、再生部位はRainbowにならず単一色となったため、フィッシュではたった1つのサテライト細胞で複数の筋線維を構築していたことが示されました。
 この論文がPublishされる数ヶ月前にマウスのTAで筋再生をイメージングした論文(Webster et al., 2016, Cell Stem Cell)が発表されましたが、詳細な機序を示している分、本論文の方が読み応えがありました。ただし、フィッシュは筋線維あたりのサテライト細胞数が少ないなど種間の相違があり、この現象が哺乳類でも生じているかはまだ分かりません。


[PR]
by Fujii-group | 2017-05-13 12:31 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

筋育のススメ

 私たちの研究室は、細胞やモデル動物を用いて骨格筋を研究しております(ホームページ参考)。筋肉の研究といえば「マッチョになりたい人」というイメージがありますが、ラボに所属する皆さんは、別にマッチョになりたくて研究をしている訳ではなく、どちらかと言えば運動と健康の関連を明らかにしたいために、研究している人が多いようです。私たちは、ヒトを対象とした研究はしていないので、研究の成果が、直接、人へ応用できる訳ではなく、一般の方に関心を持ってもらえる機会が少ないのが、悩みの種でした。
 しかし!筋肉を愛する人、健康と筋肉の関係を知りたい人、に朗報です。本日発売の雑誌「ターザン」に、筋肉についての解説があり、その中に我々の研究の一部が紹介されておりますので、是非、ご一読ください。
b0136535_12391436.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2017-05-11 13:01 | 研究に関連する話 | Comments(0)

GW日記 N村


日頃は実験が忙しくなかなかHealthをPromotionできない私たち。ということでGW初日の3日、K城さんとテニスをしてきました!!
b0136535_15590635.jpg
実はK城さんは私の自宅最寄駅から3つ目の駅に住んでいて、母同志がテニス仲間です。今回はそれぞれの母、K城さんの弟さんともう一人のママ友の計6人で3時間テニスを楽しみました。K城さんはさすがのテニス歴で、サーブやショットをバンバンと決めていました。実験や研究以外の話も弾み気分もリフレッシュできたので、他のラボメンバー含めてエアロビに加えテニスもしていけたらと思っています。
b0136535_15591315.jpg



[PR]
by Fujii-group | 2017-05-08 20:57 | メンバーの日記 | Comments(0)

新人の自己紹介:K城さん

はじめまして。今年度から卒研生としてお世話になっておりますK城です。

運動分子生物学研究室を選んだのは、筋肉が好きだからです。マッチョバーに友人を誘うくらいに、マッチョな人が好みです。(まだ行ったことありません)
そんな私は、筋肉をミクロな視点から見てみたい、機能をさらに詳しく知りたいと思い、この研究室に興味を持ちました。また、研究するなら、病気を治すことができたり、実践的な役に立つことをしたいという気持ちもありました。そのため、この研究室は魅力的でした。

わたしは横浜に住んで居ます。「出身どこ?」に対し、神奈川と答えず、横浜と答える人間の1人です。横浜市は広いですが、横浜駅から割と近い地域なので、生粋のシティーガールです。とは言ったものの、わたしは田舎の方が似合っているかもしれません。というのは、小さい頃は神社にカブトムシを捕りに行ったり、池でヤゴ、ザリガニやオタマジャクシを捕まえたりしているおてんば娘でした。

また、わたしはテニスのサークルに所属しています。身体を動かすのが大好きです。しかし、体がかたいので、ダンスなどをさせるとロボットみたいなにカチカチなのが、残念なところです。

研究室では日々新しい実験を学んだりして、わくわくしています。まだまだわからないことがたくさんあって、ラボの皆さんにはご迷惑おかけすることがあると思いますが、よろしくお願いします。


[PR]
by Fujii-group | 2017-05-02 19:43 | メンバー紹介 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧