<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シークレットサンタ

M1のT橋です。更新が遅くなってしまいすみません。
12月21日、ついにあの行事「シークレットサンタ」が決行されました。
ルールをおさらいします。(運動分子生物学研究室用のルールに一部変更)

1.プレゼントは1080円以内
2.自分が誰にプレゼントするのかを絶対にバレないようにする
3.プレゼントには愛情をいっぱい詰め込む
4.プレゼントには誰宛かのみを明記する
5.裏山の竹は切らない
6.手紙をつける←new!

昨年は青木さんがもらったティッシュケースを三田くんがあげたものだと決めつけ(笑)、約1年間私や青木さんでそれをいじり続けたのですが、実際は三田くんがあげたものではなかったということがありました。あのティッシュケースを青木さんにあげた方、この場で謝罪させてください。すみませんでした!!(ちなみに三田くんがあげたと信じて疑わなかった私と青木さんは、三田くんの弟さんにまで証言をとってしまいました。三田くんと弟くん、ごめんなさい。笑)

このように何が起こるか分からないのがシークレットサンタです。
今年は東大の菅原さんも参加してくださり、例年以上の盛り上がりでした。
では早速今年の予想に入っていきましょう。

藤井先生(小宮より)
 壁掛け型の写真入れでした。「Fujii Lab. HISTORY」の字体がレッドソックスのフォントに似せてあったことや、芸の細かさから小宮くんだと予想しました。

眞鍋先生(出牛より)
 パソコンでのデスクワークが多い眞鍋先生には温熱マスクでした。手紙やプレゼントの内容からルーキーである出牛くんが濃厚です。

古市先生(青木より)
 アロマが欲しいと言っていた古市先生には、アロマスプレーとスターバックスのコーヒーでした。あげたのは青木さんで確定です。なぜならA木さんは自分が作ったプレゼントを記念撮影していたからです。証拠写真をばっちり捉えました。3年連続でばれている青木さん、どこまで記録を伸ばし続けるのでしょうか。

武藤さん(高橋より)
 お子さんの名前入りのレゴブロックです。これは間違いありません。当日はばれなかったのですが、後日武藤さんが見たら私だとすぐにばれてしまったみたいです。来年はもっとばれないよう、頑張ります(笑)

青木(眞鍋先生より)
 柴犬とハムスターが好きな青木さんには、毛糸で作った柴犬とハムスターのバッチでした。バッチが毛糸で作られていてとっても可愛かったです。これを作れるのはM鍋先生しかいないと思います。

川端(古市先生より)
日常の癒しに飢えている川端さんには、手作りのボトルライトがプレゼントされました。ライトをつけると星が光り、幻想的です。手先が器用で、手作りに凝りそうな人、ということで古市先生だと予想しました。これで川端さんがラーメン二郎に行く回数も減り、減塩に成功することでしょう。(書き初めのブログ参照)

高橋(藤井先生より)
 地下アイドル、仮面女子のお面でした。これは最近立川に引っ越された藤井先生が家の近くで買ったものだと思われます。頂いたお面をつけて私も地下アイドルデビューをしたいところですが、今のところは研究に専念したいためしばらくはできなさそうです。デビューを待っている方がいらしたら(藤井先生?)すみません。(笑)

三田(中村より)
 家が乾燥するから加湿器が欲しいと院生室で言っていた三田君にはコーヒーフィルターで作られた加湿器が贈られました。これは当日のリアクションや、加湿器を三田くんにおすすめしていたことから中村さんだと思います。ちなみにその加湿器は今三田くんの家で活躍しているみたいです。

中村(菅原さんより)
 うさぎが好きな中村さんにはうさぎのナノブロックでした。クジを引いた時安心した、という証言や手紙が手書きであったことから初参加の菅原さんだと予想しました。

小宮(濱口より)
 観賞用の観葉植物でした。クジを引いた瞬間笑い出し、良いものをあげると言っていた濱口くんが親友の小宮くんにあげたものだと思われます。

濱口(眞鍋先生より)
 GAPが好きな濱口くんにはGAPのTシャツでした。実験の日など、気合をいれる日にはGAPの服を着てくる濱口くん。これはいつも一緒に実験している眞鍋先生からだと思います。

井上(三田より)
 井上さんが大好きな「銀と金」という漫画の手作りグッズでした。手作りに時間をかけたという証言や、M1で加工写真を作ることが流行っていることから三田くんだと予想しました。

出牛(井上より)
 ミーティングで声が小さいとよく言われている出牛くんにはマイクでした。くじを引いた時の反応やほとんど既製品だという証言から井上さんだと考えられます。このマイクを使ってボイスパーカッションもやってみてくださいね。

菅原さん(川端さん)
 アロマキャンドルでした。ラッピングの箱やマスキングテープのセンス、また女の子が好きそうなアロマキャンドルをプレゼントするという発想が川端さんらしいです。日ごろから菅原さんにお近づきになりたいと願っていた川端さん、よかったですね!

長くなりましたが、今年の予想は以上となります。
今年はポーカーフェイスな人が多くて難しかったです。
来年はみなさん、青木さんを少し見習ってちょっとボロを出しましょう!笑


[PR]
by Fujii-group | 2017-01-30 20:54 | メンバーの日記 | Comments(0)

書初め ーM田日記ー

前厄であった昨年。
書初めにて「避厄」と書き、自ら失笑という厄を招いたあの頃から一年…。
わがラボの書道師範(T橋さん)に「飛躍」と訂正してもらい、酉年を迎えることになりましたM田(酉年)です。

今回は、藤井ラボの年初め恒例行事である「書初め」についてのブログです。

藤井ラボでは年初めに書初めが行われます。今年の目標、意気込みや願望など、今年一年を送るにあたって、自分の好きな言葉を思い思いに表現していきます。
例年は完成した作品を持ち合わせてくるのですが、今年はみんなの前で一人ひとり書いていくというスタイルでした。

練習をしてから本番に向かう人、一発勝負で自分のスタイルを貫く人、隣に手本を置いてまねる人、手本をまねるがあまり二度書きを連発する人、普段書き慣れない四字熟語を選んで漢字を間違える人などなど。字には個性が出るそうですが、書き方の時点で個性が出るという書道大会でした。

出来上がった作品は、ホームページのトップ画像に掲載されているほか、首都大学東京13号館にて展示中ですので、ラボについて特にメンバーの個性について知りたい方は、ぜひお越しください。

ちなみに私は裏作品として、「百花繚乱」と書きました。
私の席の周りにはきれいな女性が多いのですが、普段の生活の中で、このことを伝えるには少々照れくさい…。そこで、今回は思い切って作品を通じて伝えてみようと思いました。きっとこれで、作品の意図が伝わり、きれいな花にある「棘」が無くなってくれるだろうと信じています。(ブログを読まれている方は、この文章を読んで僕の立ち位置と個性を読み取っていただければと思います。)

というのは冗談でして、本当は、「優秀な人物や成果がたくさん出てほしい」という意味を込めて、この言葉を選びました。

今年もいろいろと大変なことがあると思いますが、最後には笑えると信じて、「七転八起」ならぬ「七転八笑」で頑張っていきたいと思います!!


[PR]
by Fujii-group | 2017-01-27 19:32 | メンバーの日記 | Comments(0)

新年

新年明けましておめでとうございます。本年はさらなる飛躍を誓います。今年もよろしくお願いいたします。

運動分子生物学研究室一同

[PR]
by Fujii-group | 2017-01-05 16:24 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧