<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

M武先輩来訪:T橋ブログ

B4のT橋です。11月のある水曜日、ラボミーティングの終わりに本研究室の卒業生で私たちの大先輩である宮武さんが挨拶をしに来てくれました。宮武さんは本研究室で博士号を取得された後、カナダに渡って研究をされていたそうです。今回はカナダから帰国されたということで、ラボに顔を出しに来てくれました。ラボのメンバーにはトーテムポールにちなんだお土産を買ってきてくれました。ラボミーティングの後はみんなでご飯を食べに行き、宮武さんの現在のお仕事の話やカナダの研究室の話などたくさん聞くことができ、私たちも勉強になりました。また、宮武さんのシークレットサンタの話なども、これから初めてのシークレットサンタを迎える身としてはすごく参考になりました。
 私たち4年生は宮武さんと比べてまだまだ多くのデータを出すことはできませんが、少しでも追いつけるように精進していきたいと強く感じました。
 最後になりますが、宮武さん、お土産やお土産話などありがとうございました。また機会があればぜひ研究室に顔を出して頂ければと思います。お待ちしております。その時までには私T橋、モノマネを上達させておきますのでぜひまた見てくださいね。
[PR]
by Fujii-group | 2015-11-30 17:19 | メンバーの日記 | Comments(0)

犬猫問題

 あなたはイヌ派でしょうか?ネコ派でしょうか?この質問をすると、世間を二分しかねないくらいに意見が分かれると思います。勿論この“派”というのは、「好きな方」という意味です。では、「あなたはイヌ的ですか?猫的ですか?」と質問すると、どのようになるでしょうか?”的”の意味は、性格が似ている方と捉えてください。個人的見解では男性はイヌ的と答える人が多く、女性は猫的と答えるほうが多い気がしますが・・・。
 しかし、このようなことを聞くのは愚問かもしれません。なぜなら、あなたは犬から猫にかわり、そして大人へと成長したからです。これは、生物的に犬から猫に変わるという意味でいったのではないのです(そんなこと出来たら、生物学の常識を覆す大発見になりますが・・・)。おそらく行動的に、性格的に。どういう意味かって?

 それをお伝えしたいのは山々ですが、知りたい方は「子どもは犬から猫に変わる」という本(古市俊郎著、養徳社)を是非お読みください。実はこの本は、研究室のF市先生のお父様が執筆された本。長年の学校を中心としたカウンセラーに従事しており、その仕事を通した経験から思われたことが書かれております。おそらく、子育てに悩むご両親、思春期の学生に向き合う指導者の方を対象に書かれた本だとは思いますが、どのような方でも、ふむふむ、なるほど、と思いながら読むことのできます。思春期は遠い昔であり、自分の子供もいない私ですら、自身の心理を解剖された気になりました。私たちは自分の事は自分が一番良く理解していると思っていますが、自分であるからこそ良くわかっていない部分が多くあるのです。子どもの事となると、尚更なのでしょう。思春期の子どもたちやその両親の行動を第三者の立場から、鋭くも暖かい視点で観察し、その心理をじっくりと分析しております。文章は、エッセイのようなやさしい語り口調で書かれており、教育的な押付けがましさは一切なく、読んでいると心がなごみました。

F市さんが、研究室に所属している関係で、著者サインまで入った本を謹呈していただきました。
b0136535_11154592.jpg

どのような内容か、気になる方は、購入してくださいね。
[PR]
by Fujii-group | 2015-11-23 20:14 | メンバーの日記 | Comments(0)

Halloween報告(後半) ~映画泥棒の寸法~

3年のK宮です、同期のMNさんに続いてHalloweenの様子をお伝えします。前半のMNさんに「Halloweenの裏話を」と頼まれたので、私の仮装(映画泥棒)の製作中に生まれた、研究とハロウィンのつながりについてお伝えします。

映画泥棒は、JIMCA(日本国際映画著作権協会)が映画の違法撮影や海賊版作製・販売、違法アップロード・ダウンロードを防止するキャンペーンのなかで登場するキャラクターです。そのいで立ちは、頭はビデオカメラ,首から下はスーツに白手袋・黒革靴といった紳士の装いです。したがって映画泥棒になるためには、頭のビデオカメラさえ作れば良いことになります。一方、ビデオカメラは映画泥棒のアイデンティティであるゆえ、それなりの出来の良さが求められます。
そこそこ出来の良いものを作るためには、外形の寸法を正しく決めることが最重要と考えました。「ディテイルが成っていなくとも、縦・横・高さの比があっていればその物のアイデンティティが出る」というのは、苦手な美術の授業を何とかこなしてきた自分なりの答えです。しかし、映画泥棒は採寸のためにわざわざ13号館には来てくれません。このため、ネット上の画像や映像を元に、頭のビデオカメラの寸法を起こす必要がありました。
画面に表示される画像の長さや大きさを測ることは、意外と難しいことです。画面が原寸表示できるほど大きくなかったり、そもそも1cmが画面上でどれくらいなのか分からないためです。今回、この問題を解決したのが、生物の研究で広く用いられている"ImageJ"というフリーソフトでした。ImageJは生物の研究に最適化された画像編集ソフトで、私自身も実験結果の画像を閲覧するために用いることがあります。このImageJには、画像上をドラッグすることで実際の距離を測る機能があります。今回はこの機能を利用して、映画泥棒のビデオカメラの寸法を測定しました。
今回の材料は、映画泥棒の公式ムービーより、ビデオカメラと手がアップで写り込むシーンほか数枚の画像です。このシーンの画像上で、映画泥棒の中指の長さを、自分の中指の長さに設定しました(直線指定→Analyze>Set Scaleで設定)。次に、ビデオカメラの寸法をAnalyze>Measureで計測していきます。勿論、映り具合の関係で、一度に全ての寸法を測れるわけではありません。そこで、一つの画像で分かった寸法aを元に、別の画像で寸法bを決め、さらに別の画像でbを元にcを決め…と繰り返していきました。
b0136535_1126750.jpg

このようにしてある程度決まった寸法を、素材・製作の都合や自分が被ることを想定して、バランスを崩さないように少しずつ現実的に変えていきました。例えば、曲面はあまり作りたくないから、その部分を平面化するために寸法を変える、といった具合です。ちなみに製作した映画泥棒は、計測した寸法の約1.1倍になっていますが、横幅はかなりギリギリでした。原寸通りなら、完成しても私の頭が入らなかったかもしれません…。
このようなエピソードを経て作られた映画泥棒は、藤井研でのハロウィンの後、直後に行われた学祭でも活躍しました。映画泥棒に扮したのは私ではないのですが、小さい子どもたちに大変人気だったと聞いて、個人的には少し驚きました。ともあれ、少しは人々を明るくできたHappy Halloweenになりました。次のイベントは、クリスマスのシークレットサンタになりそうです。研究室の学生メンバーががらっと変わった今年、どんな様相を呈すことでしょうか…。
[PR]
by Fujii-group | 2015-11-19 21:27 | メンバーの日記 | Comments(0)

世界糖尿病デー:M田日記

こんにちは。最近エアロビを初体験したM田です。
ブログのトップ画面でもお伝えしています通り11月14日は世界糖尿病デーです。
今年も研究室のメンバーでシンボルマークであるブルーサークルを作りました。(写真はHPのトップをご覧ください)
世界糖尿病デーは、疾患啓発キャンペーンとして制定された日です。この日はインスリン発見者の1人であるバンディング博士の誕生日であり、彼らの発見に対する敬意も込められています。
IDF※の報告によると現在(2015.11.12)、世界の成人(20-79歳)糖尿病患者数は4億1500万人とされています。この数は今後も増えていくと考えられており、2040年には6億4000万人(世界の成人の内10人に1人)もの人が糖尿病患者になると予測されています。また、糖尿病が原因で年間500万人もの人が亡くなっています。これは世界中で6秒に1人亡くなっている計算になります。その他にも成人糖尿病患者の半数近い割合の人が未受診であることや、世界の医療総支出額の12%を糖尿病関連が占めていること、世界の糖尿病患者の3/4は中・低所得国で生活していることなど糖尿病に関連した問題は複雑かつ深刻です。しかし一方で、2型糖尿病に関しては生活習慣を見直すことで2035年に予測される患者数のうち1億5000万人の発症を抑制または遅らせることができるとされています。(*1)

糖尿病とは何なのか?
糖尿病で苦しむ人たちに対して何ができるのか?
糖尿病にならないために何をしていくべきか?
病気で苦しむ人たちが1人でも減るように、病気で苦しまない人たちが1人でも増えるように、みんなで糖尿病について考えてみませんか?
b0136535_1654158.jpg

※IDF:International Diabetes Federation
出典:
*1:IDF Diabetes Atlas 2015
参照:
World Diabetes Day Committee in Japan オフィシャルサイト(http://www.wddj.jp/)
[PR]
by Fujii-group | 2015-11-14 16:54 | メンバーの日記 | Comments(0)

卒業生からのお中元とお歳暮の真ん中②

木の葉が色濃く染まりひらひらと舞い始め、舞った先に木の実も自然と落ちていく。秋もたけなわなとなってまいりました。そして、今日もその中を朝のミーティングに遅刻しないかとマウンテンバイクで疾走していく学生がひとり。BBQの手配をしてない方のM田です(BBQについては「つながり(Y田日記)」をご覧ください)。
先日、食欲の秋にピッタリな贈り物が届きました。中身は「ヘルシアウォーター(マスカット味)」。送り主はBBQを企画してくださったT村さんでした。あて先は前回のA木さん宛に嫉妬したのがばれたのか、僕宛てになっていました(こちらは「私に届いたお中元:A木」の写真をご覧ください)。この日はBBQを企画してくださったM田さんも偶然研究室にいらしてまして、先生方やラボのメンバー含め、みんなで分けさせていただきました。
スポーツの秋とも言いますので、ヘルシア飲んでこの秋に蓄えすぎてしまった脂肪を燃焼したいと思います。T村さん、素敵な贈り物ありがとうございました。
b0136535_12185431.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2015-11-09 12:19 | メンバーの日記 | Comments(1)

Halloween報告(前半)-MN日記-

10月28日、少し早めのハロウィンをしました。ミーティングが終わったらすぐさまスタンバイ。

…と思いきや、学部生は中々動きません。それもそのはず。B3はそもそも完成形に近い洋服を着てきていて、ちょっとの装飾だけで準備OKという感じ。顔にペイントをして、帽子をかぶってハイッ!出来上がり。B4にいたっては完全な被り物で、A木さんには「2分で終わる」と言われたほどでした(笑)

全員揃ったら写真撮影開始‼︎F井教授は呼吸の電子音を発しながらステッキを光らせてものすごいクオリティの高さでした!F市先生は視野が狭いア◯パンマン。あんぱんを手に持って、実写化できそうなレベルでした。K宮くんは映画泥棒になっていたのですが、こちらもハイレベルすぎました。
b0136535_13483557.jpg

写真の通り視野の狭い人、体が大きくて動きにくい人が多かったので、ラボから駅まで最も動きやすい私とMア◯パンマンでお菓子を配って歩きました。
見知らぬ人に話しかけるのに最初は抵抗がありましたが、何度かやっているうちにコツを掴み、8号館についたときには盛り上がりは最高潮。複数の研究室をまわり、知っている先生に仮装を見てもらったりしました(^O^)その方は10月に着任したドイツ人の先生だったのですが、仮装のクオリティの高さ、多様性にびっくりされていました!大成功☆

門の近くでは、FFというダンスサークルが練習の真っ只中。興味ありげにこちらを見ていたのでお菓子を配っていたところ、ダンスサークルの中に友達がいるのを見つけ、写真撮影をしました。

駅に向かう途中ではお子さんを乗せて自転車を走らせるお母さんがいて、もちろん走って近づき(※基本的に、お菓子をあげる相手を見つけたらすぐさま走っていました)お菓子をあげました。ちょうどア◯パンマンが好きな年頃なのか、ラボのア◯パンマンに会いたい…と。ア◯パンマン大変です、私に大声で呼ばれ、視野が狭いことそっちのけで走る走る‼︎‼︎
お子さんもお母さんも大喜びでした^ ^

駅付近では、先輩のI垣さんとI藤さんとお話しすることができました。I垣さん、I藤さん、来てくださってありがとうございました!(^_^)
b0136535_13484488.jpg

次回は、K宮くんがハロウィンの裏話を語ってくれます!お楽しみに★
[PR]
by Fujii-group | 2015-11-07 13:49 | メンバーの日記 | Comments(0)

つながり(Y田日記)

10月31日、昭和記念公園にてラボの卒業生主催でBBQが行われました。もともとは一部の卒業生の中で持ち上がった話でしたが、最終的に教授をはじめ、ほとんどの代の卒業生、現役生が参加してくれ、にぎやかな会となりました。
卒業生は今の生活や仕事、現役生はラボの様子など、いろいろと情報交換ができたのではないかと思います。また、ハロウィン当日ということで、F井教授は仮装してくるのではないか、今車で着替えているのではないか等の憶測も飛び交っていました。
このように卒業後も様々な代とつながりをもてるのは、イベントや遊びにも全力を尽くす藤井研だからこそだと思います。T村君、M田さん、会場の手配などありがとう。今回来られなかった方々も次回は是非!またみんなで遊びましょう!!
b0136535_1554526.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2015-11-02 18:03 | メンバーの日記 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧