<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

M藤さんのJCの内容



Peroxiredoxin 6, a novel player in the pathogenesis of diabetes.

Pacifici F1, Arriga R1, Sorice GP2, Capuani B1, Scioli MG3, Pastore D1, Donadel G1, Bellia A1, Caratelli S4, Coppola A1, Ferrelli F1, Federici M1, Sconocchia G4, Tesauro M1, Sbraccia P1, Della-Morte D5, Giaccari A6, Orlandi A3, Lauro D

Diabetes. 201463(10):3210-20.

 先行研究より過剰な酸化ストレスはType 2 diabetes(T2D)の発病を誘発する。そして、Peroxiredoxin6(PRDX6)はレドックスホメオスタシスにおいて重要な役割を果たすことが報告されている。
 著者らは、先行研究において、PRDX6 knock-out mice(PRDX6KO)で、種々の器官の酸化ストレスの感受性を増加させるという報告はあるが、インスリン抵抗性やT2Dの発病に関する報告が無いことに着目した。そこで、PRDX6KOを用いIPGTT、ITT、Serum Insulin 濃度の計測と、Euglycemic-Hyperinsulinemic Clamp Studiesを行いWTと比較した。すると、PRDX6KOにおいて膵臓からのインスリン分泌量が低下していること、またPRDX6KOがインスリン抵抗性を示すことが分かった。
次にインスリンシグナルのどこが阻害されているかをWestern blottingを用いて検証した。結果、IRS1以下の活性が減少していることが分かった。そして、JNK1/2の活性が向上していることも確認できたことから、PRDX6KOにおいて酸化ストレスの増加によりJNKの活性が向上しIRS1の活性を阻害していると考えた。
 膵臓においては、PRDX6KOにおいて膵島の数と大きさが減少していることをHE染色して確かめているが、この方法では膵島を見分けることは困難であり確からしい結果では無い。同様の理由で、肝臓においてもHE染色で非アルコール性の脂肪性肝炎を検出しているが、確からしい結果では無いと考える。また、脂質代謝のKey遺伝子の発現量をPRDX6KOとWTの白色脂肪細胞、肝臓、骨格筋にて比較して、PRDX6KOの脂質代謝に異常があるとしている。さらに、同様の部位の炎症性サイトカインの遺伝子発現量を比較して、PRDX6KOにおいて発現が増加していることから、各組織において炎症がおきているとしている。
 これらの結果から、著者らはPRDX6KOがT2Dの初期の特徴を示すとし、PRDX6はT2Dの発病に関わっているとまとめている。
 全体的にデータが大ざっぱであるという印象を受ける論文であった。
[PR]
by Fujii-group | 2014-09-30 19:39 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

T村日記


先週、9月生まれのF教授と助教のF市先生の誕生日をお祝いしました。
b0136535_20172636.jpg


この日は、18時からラボミーティングと周知しており、みんなが集まったところにケーキを投入する計画を立てていました。しかしその日、F教授は夕方まで他所へ会議に出かけられており、そのまま直帰されるつもりだったらしく、危うく計画が頓挫するところでしたが、M鍋先生の機転によりなんとかサプライズ成功となりました。当ラボでは、お祝い事をすべてサプライズでやる流行ができているようなのですが、あまり頻繁にやりすぎても効果がどうなのかと思うところも少しあります。しかし、仕掛ける側はとても楽しいです。(もちろん実験に支障のない範囲で)
ちなみに、ラーメン通のF教授には、即席めんを茹でられるケトル式ラーメン鍋と野球のグローブ型のミトンを、コーヒー好きのF市先生にはカフェを模したのれんをそれぞれプレゼントしました。
b0136535_20174048.jpg
b0136535_20175455.jpg
[PR]
by Fujii-group | 2014-09-29 20:17 | メンバーの日記 | Comments(0)

独り占めセミナー

先日、2013年のイグノーベル賞を受賞したハウス食品の今井真介先生を独り占めセミナーにお呼びし、講演をしてもらいました。当日は、学生やスタッフが多数参加した大盛況の講演会となりました。
 講演は、イグノーベル賞を頂いた研究の話だけでなく、受賞式での裏話、四葉のクローバの見つけ方(これは秘密)など、様々なところにユーモアを加えつつ、研究するための重要なエッセンスが盛りだくさんに詰め込まれた内容でした。
b0136535_15304352.jpg

特に印象に残ったのは「人間できない理由ばかり考えているけど、どのようにしたら出来るかを考えないといけない」ということでした。つまり、ある研究をするために「この機械がないからできない、予算がないから、時間がないから出来ない」とあきらめるのではなく、別の方法で出来る方策を考えなければ何も成し遂げられなということです。

これまで様々な就職セミナーや講演に出席してきた学生さんも、「どのセミナーよりも心に響くセミナーでした」といっておりました。

我々も、襟元正して、研究を真剣に考えようと皆が心に誓ったセミナーでした。
[PR]
by Fujii-group | 2014-09-13 15:46 | 研究に関連する話 | Comments(0)

F市さんのJC

Cell Stem Cell. 2014 Feb 6;14(2):174-87.
Fundamental differences in dedifferentiation and stem cell recruitment during skeletal muscle regeneration in two salamander species.
Sandoval-Guzmán T, Wang H, Khattak S, Schuez M, Roensch K, Nacu E, Tazaki A, Joven A, Tanaka EM, Simon A


 漫画「ドラゴンボール」のピッコロ大魔王をご存じでしょうか。彼は闘いによって腕を怪我すると、自らその腕を切り離し、一瞬にして正常な(怪我は治癒済み)腕を再生させることができます。僕は、これは人類が目指す究極の再生医療の姿だと思います。しかし、ピッコロ大魔王は哺乳類ではなくナメック星人で、ヒトがこのように手足を再生することは今のところ不可能です(というか漫画の世界)。

 そんな空想にふけながら、筋肉の再生医療に関する文献を検索していると、今回紹介する論文を見つけました。「Newt(イモリ)とAxolotl(ウーパールーパー)では、腕切断後における筋肉の再生メカニズムが違っていた。」という内容です。これらのサンショウウオの仲間は腕が切断されると、まず芽体(がたい)という未分化細胞の集合体が作られて手足が生えて来ます。しかし、その詳しいメカニズム、特に芽体の筋芽細胞は何に由来するのかは分かっていませんでした。本研究では、生きた動物の筋線維を標識して、再生した筋が何の細胞由来であるかを調べました。

 この研究での方法のポイントは「Tol2トランスポゾンシステム」と「Cre-loxpシステム」を組み合わせて、筋線維を特異的に標識したことです。トランスポゾンによって、ゲノム中に「loxp-mCherry-stop-loxp-YFP」というカセットを組み込み、筋特異的プロモーターを利用したCreを発現させ、筋線維のみYFPが発現するようにしています。
 まず、イモリの腕を標識し、切断後に再生した腕の筋細胞がYFP陽性か(元は筋線維だったのか)を見たところ、再生した部分にYFP陽性細胞が確認されました。また、再生時のYFP陽性細胞は、MHC(筋分化マーカー)の発現が消えていること、EdUやPCNA(増殖マーカー)が陽性であることから、Newtでは筋線維が脱分化、増殖して、新たな筋線維を作った可能性が示されました。
 一方、Axolotlについても同じ処置を施したところ、Newtとは対照的に、再生した部分にはYFP陽性細胞が存在していませんでした。また、これを確認するため、筋細胞が融合するとCherryが発現するように仕込んだ実験系を使ったところ(Cre-loxp系、タモキシフェン誘導系を利用)、やはりCherryの発現は再生部分では全く観察されず、Axolotlには筋線維が脱分化して増殖する機構がないことが示されました。そこで、GFPトランスジェニック中胚葉を移植することで、サテライト細胞(筋線維も含む)を標識すると、GFP陽性細胞(つまりサテライト)が腕の再生に寄与していたことが分かりました。Axolotlでは筋線維が脱分化せず、骨格筋の幹細胞であるサテライト細胞が増殖して新たな筋線維を構築していることが示されました。
b0136535_1914835.jpg

 「筋線維の脱分化」という現象はとても魅力的ですが、それを示すデータは少々説得力に欠けるように思われました。Newtの場合は、エレクトロポレーションによってプラスミドを導入しているのですが、YFPで標識できた筋線維はわずか5%でした。それならば、Axolotlの系のようにトランスジェニック動物を使ってみれば良いと思うのですが、行われていません(実験の限界があるのかもしれません)。
 筋の再生医療を研究する上で、このような生物のメカニズムを理解することは新たな治療法の開発につながると期待されます。
[PR]
by Fujii-group | 2014-09-12 19:14 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

日経アソシエ

基礎の科学研究をしている人にはあまりなじみのない、ビジネスマンが読む雑誌「日経アソシエ」。ビジネスマンが読む雑誌ではかなりメジャーかつ一流の雑誌のようです。

先日、藤井教授に日経アソシエから取材依頼がきました。聞くところによりますと、一流のビジネスマンは、体調や健康管理も関心があるため、健康についての特集もよく組まれるようです。

その時の取材の内容が10月号に掲載されることになりました。
b0136535_1943461.jpg

さすがに一流雑誌です。取材の内容が、正確な表現で簡潔にまとめられておりました。
b0136535_19535100.jpg


1ぺ‐ジにも満たない記事にあれだけの長い取材をされるジャーナリストの方や編集者の方に脱帽です。
1冊の雑誌を仕上げるのに、たいへんな労力と時間が使われていること、短期間で的確な文章に仕上がったこと、本当にプロのすごさを身にしみて感じた取材でした。
[PR]
by Fujii-group | 2014-09-10 19:55 | 研究に関連する話 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧