古市さんの論文

古市先生のカルニチンの研究が論文にアクセプトされ、掲載が決定しました。

Biochem Biophys Acta – Bioenergetics, Volume 1837, Issue 10, October 2014, Pages 1699–1706.

Imaging mass spectrometry reveals fiber-specific distribution of acetylcarnitine and contraction-induced carnitine dynamics in rat skeletal muscles.

Furuichi Y, Goto-Inoue N, Manabe Y, Setou M, Masuda K and Fujii NL

 筋収縮時の骨格筋細胞内でのカルニチンの動態を質量分析イメージングの手法を用いて解析したものです。
これまでカルニチンやアセチルカルニチンの測定方法は、骨格筋をホモジナイズしてから、その量を生化学的に分析する方法しかありませんでしたが、質量分析イメージングを用いた新たな手法により、これまで解析が困難であった骨格筋内での動態を明らかにすることができました。

 骨格筋は運動すると、カルニチン以外にも様々な分子が変動する事が知られております。しかし、これまでは主として骨格筋全体の量の変化でしか議論されていませんでした。今後は質量分析イメージングを用いて、細胞内の詳細な動態を明らかにすることで、新規の発見につながるのではないかと期待されます。
[PR]
by Fujii-group | 2014-08-19 10:28 | 研究に関連する話 | Comments(0)

Y田さんのお気に入り

日記当番のY田です。遅くなりましたが日記を書こうと思います。
私は学部生の時にこの研究室でお世話になっていました。卒業後しばらく経っているのですが、今年から先生方のご厚意で再び実験をやらせていただけることになりました。去年修士を卒業したY田さんとは違うY田です。 


今はお盆期間ということもあって実験室がとても空いています。そこで今日は、実験室の中で私のお気に入りのものを紹介して回りたいと思います。
まずはこちら。
b0136535_14202528.jpg
この椅子は実験室に2脚だけあり、背もたれのついている数少ない椅子の一つです。しかし、実験中にもたれかかりたいのではありません。私は実験中に椅子の高さを変えることが多いのですが、背もたれの無い丸い椅子だと、頭と左手は実験に向いているのに右手は必死にレバーを探すという状況になってしまいます。しかし背もたれのあるこの椅子なら、座ると必ず右側にレバーが来るので、右手は必死にならずに済みます。また、他の椅子よりも高さの調節速度が速い(ような気がする)のもこの椅子を気に入っている理由の一つです。
b0136535_14204265.jpg次に紹介するのはこのピンセットです。これはwestern blottingのメンブレンをつまむ時に使っています。メンブレンには傷をつけたくないので、先が平らなものを使用しています。さらにこのピンセットは先端が丸くなっているので安心して使えます。以前同じものを買おうとしたときはとても高かったのですが、卒業後某100円ショップにて発見していました!そこで先日ワクワクしながら買いに行ったのですが・・・すでに無くなっていました。あの時買っておけば良かった!!!

b0136535_1421289.jpg次に紹介するのはこの子です。少し前に実験室に加わった仲間で、ふわふわした触り心地がとても良いです。顕微鏡の上だったり棚の所だったり・・・さまざまな所から実験室を見守ってくれています。
この、全てを受け入れてくれるような穏やかな表情も好きです。b0136535_14211945.jpg実験がうまくいかなかった時はこの子を触って癒されています。


触り心地といえば、以前westernに使用していたフィルムもスベスベしていて好きでした。westernをするたびに、余白の部分をきれいに切って引き出しに溜めていました。同じ部屋の先輩に怪訝な目で見られたのも、今ではいい思い出です。今はLASを使用しているのでフィルムに触る機会がなくなってしまったのが残念です。

いかがでしたか?こういうちょっとしたこだわりとか癒しは、やっぱり大事ですよね!今日はこの辺で終わりにしようと思います。これからよろしくお願いします。
[PR]
by Fujii-group | 2014-08-14 14:22 | メンバーの日記 | Comments(0)

七夕と西瓜割り

先日から13号棟のロビーに飾ってあった七夕の願い事を本日近くの神社に収めてきました。
願い事の中には
「テストの解答用紙の名前の欄の配点を100点にしてください」とか、
「単位ください」
などという、明らかに自分の努力でどうにかなるようなものがありましたが、きっと天には届かないと思います。

「すばらしい実験データが得られますように」とか、
「無事卒業できますように」
などは、努力次第で天も見方してくれるかもしれません。
b0136535_19323167.jpg


さて、その後は、F教授からの差し入れのスイカですいか割りを行いまして、皆で美味しくいただきました!
b0136535_19361597.jpg

夏真っ盛りですね。
[PR]
by Fujii-group | 2014-08-04 19:38 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31