<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

T村君の2ヶ月遅れの日記2

<結果>
12人の結果は以下の通り。美味しさについては有意な差は認められず、価格については順位和検定により有意な差を認め、多重比較の結果AのみB,C,Dに対し有意な差が認められた。
b0136535_192256.jpg

正解発表
b0136535_1921993.jpg

※Cの藤井軒は、まあ要はM鍋先生の手作りです。価格は材料費および人件費(首都大学東京臨時雇用規定による)から算出。

/答えが発表された瞬間、セミナー室は阿鼻叫喚と化しました。「え、藤井軒がある・・・」
「今回はないって言ってたのに、話が違うじゃないか!」
M鍋先生に完全にはめられました。
順位の答え合わせそっちのけで、クッキーCに低評価を付けた人探しが始まります。
F教授、M武、M藤、S藤と私は、クッキーCを美味しい1位にしていたので大安堵。攻勢に転じます。クッキーCに美味しい3,4位という低評価を付けた不届き者4名がその後どうなったのかは知りません。
ちなみに価格順位の正解者はおりませんでした。難しいですね。しかし、クッキーCはもうそんな値段なんてつけられませんよ。実際、クッキーCは甘すぎず上品な味で、しっとりしていて粉っぽくなく高級品だと思いました。

<考察>
ラボのメンバーの舌では高級品はわからない。しかし安すぎるのはわかるので、適度なものが良い。
人の味覚は本当に人それぞれだから、あまりブランドや表示にだまされないよう、自分で試して、自分で選んでください。食品だけでなく、色々なことに。

/以上、M鍋先生からありがたいコメントを頂きました。次回実験の被験者を希望される方は、当ラボへご連絡ください。
[PR]
by Fujii-group | 2014-04-13 22:01 | メンバーの日記 | Comments(0)

T村君の2ヶ月遅れの日記1

新年度も始まりみなさんいかがお過ごしですか?
キャンパスは大学生活に夢を膨らませた新入生たちがキャッキャしています。
当ラボのある13号館は僻地なのでそんなことはありませんが、
当ラボも卒業するメンバーを送り出し、新しいメンバーを迎えて心機一転、始動しています。
今回は2月に行われたM鍋先生によるクッキー嗜好実験について、ブログの執筆をだいぶさぼってしまいましたが、
今更ながらレポートさせていただきます。

研究題目:クッキー嗜好実験

<目的>
1. 使命を遂行する *
2. 皆の味覚の多様性や嗜好性を数値として知る
3. 今後社会人になっていく理系研究者として、昨今の食ブランド事件を根本から考える

/*M准教授は、F教授からある重要な使命を課せられているそうです。過去には、レーズンサンド実験、チョコレート実験が行われたらしく、今回クッキー実験は第3回目の試行らしいです。過去2回の実験では、4つのうち1つがM鍋先生手作り、あとはそれぞれ値段の異なる市販品の中から美味しさと値段を予想するという、なんというか結果如何ではラボにいられなくなる大変恐ろしい事件だったと聞き及んでいます。

<方法>
テスト日: 2/12-19 1週間
被験者:  22-47歳 成人男女(男:6, 女:6)
実験手法:
同種類のクッキー4種を、中身や形が見えないようにアルミニウムで包装しAからDのラベルを記した。
質問表には、美味しいと思った順、価格が高いと思った順に番号を記すよう指示した。
解答時間や場所に制限はもとめず、できるだけ自由環境下での摂取させた。
今回は手作りのものはなく、すべて市販品を用いた。
解析方法:
結果は順位の平均値で表し、統計は順位和検定Kruskal-Wallis One Way Analysisにより
有意と認められたものはpost-hoc test Student-Newman-Keuls Methodを実施した。
b0136535_18594251.jpg


結果はその2で・・・
[PR]
by Fujii-group | 2014-04-12 19:01 | メンバーの日記 | Comments(0)

M武君の海外への出発

先日、3月でドクターを取得し、修了したM武君が留学のため、カナダに旅立ちました。
藤井ラボで初のドクター。彼は研究室の立ち上げから我がラボの中心となり研究を進めてくれた学生でした。

そんなM武君の新たな門出を皆で祝いたく、M武君には秘密にして、成田空港へ皆でお見送りに行きました。
F教授の知り合い(架空の人)が空港のduty free shopで働いているから、留学で旅立つM武君に割引クーポンをプレゼントしてくれる旨をM武君に伝えて、その場所にみんなでお見送りに行くという完璧な計画のはずでした。

しかし、我々は目的の場所で、彼に会うことはかないませんでした。なぜって?それは目的の場所をM武君が出国手続き後のduty freeの場所だと思いこんで、セキュリティーチェックを抜けてしまっていたからなのです。その後、F教授のところに藤井先生のお知り合い(架空の人)と会えないと・・・M武君から電話がかかってきて、全てが判明しました。セキュリティチェックを隔てた電話での見送りはかないましたが・・・。
M武君もF教授を何となく怪しく思い、見送りに来る予定なのかな?と疑っていたらしいのですが、まさか、皆で見送りに来ているとは思っていなかったようで、会うことが出来ずとても残念そうでした。

M武君に会えなかった悲しみにくれる皆。
b0136535_21153311.jpg


電話の声だけで見送りが出来ただけでも満足ということで、今後の更なる活躍を空に向かって皆でお祈りしました。
[PR]
by Fujii-group | 2014-04-09 21:25 | 研究以外の日々 | Comments(0)

卒業生からのブログ

卒業生からの最後のブログが届きました。4月から東京を離れてもずっと元気なA木さんだと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3年の副専攻から卒業研究まで藤井•眞鍋研でお世話になり、先日首都大を卒業しました、A木です。

卒業するにあたり、ブログを書かせていただきます!

私は、元々体育系学科を志望していたのですが、部活を通して夢中になっていたバトントワリングを高3でも大学でも続けていくために首都大の生命科学への進学を決心しました。
最大の決めては、首都大に副専攻という制度があって、そこで私の理想としたスポーツや栄養の勉強ができることでした。

1,2年生で内容に惹かれて受けた授業の担当は全て藤井先生で、始めの授業の時はびっくりしていたのを覚えています。

このような経緯で進学してきた私にとって、藤井•眞鍋研で過ごした2年間は、とても充実したものでした。

全く未知の世界だった『研究』の世界が、先生や先輩方にたくさん手助けしていただいて、少しずつ見えるようになってきたような気がしています。

世の中でまだ分かっていないことが自分の実験でほんの少しずつ明らかになっていくのが、とても楽しかったです。

皆さんには本当に感謝しています。
ありがとうございました。

4/1からは、岩手県で働いていきます。
プライベートで東北へボランティアをしに行っていたこともあり、この研究室で研究員をされていたT木さんからお話を聞いたのがきっかけでこの仕事に就くことになりました。

東京から岩手に行くのは、とても不便だと色々な人に言われましたが、運良く徒歩3分圏内にスーパー、コンビニ、コインランドリー、薬局、病院、歯医者が揃っている好立地な住居に入れてもらうことができました!

何かとバタバタしていた私ですが、
たくさんある研究室の中から藤井•眞鍋研を選んで、本当に良かったです。
ありがとうございました。

首都大に遊びに行く時は、13号館に寄らせていただきます!
これからもよろしくお願いします!
[PR]
by Fujii-group | 2014-04-02 00:34 | メンバーの日記 | Comments(0)

卒業生からのブログ:研究生活と社会人生活

今日から社会人・・・頑張ってください。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
学部4年生の一年間、卒業研究でお世話になった茂田井です。

一年間を思い返してみると、
4月は毎日研究室に通うことに苦労し、
5月はラボノートを記録することに追われ、
6月は自分のケアレスミスに呆れ、
7月は実験結果が思うように出ないことに悩み、
8月にようやく求めていた結果を得て、
9月から求めていた結果の再現性が取れず悩み、
10月に大変お世話になったスーパーバイザーの先生とお別れをして、
11月から1月まで再現性を求めてひたすら同じ実験を繰り返し、
2月に卒業研究の発表練習を行って
3月に無事発表を終え、卒業いたしました。

去年から今まで、不注意で慌ただしい基本的な性格は変わっていませんが、
仕事を遂行する上で必要な基本的な能力を育てることができたなぁと思っています。
不出来な私を根気強く指導してくださった先生方には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

4月から新しく社会人生活を送りますが、やはり最初の一年はラボで過ごした一年と似通ったものになると思います。
自分のミスに嫌になることが必ずあると思いますが、そのときはラボでの反省を活かして同じミスは起こさないように注意します。

今後も、シークレットサンタからいただいたプレゼントの報告などでラボブログにお邪魔するかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by Fujii-group | 2014-04-01 09:33 | メンバーの日記 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧