<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

I藤さんのラボミーティングのまとめ

先日行われましたLMの内容です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
In Vivo, Fatty Acid Translocase (CD36) Critically Regulates Skeletal
Muscle Fuel Selection, Exercise Performance, and Training-induced
Adaptation of Fatty Acid Oxidation

Jay T. McFarlan, Yuko Yoshida, Swati S. Jain, Xioa-Xia Han, Laelie A.
Snook, James Lally, Brennan K. Smith, Jan F. C. Glatz, Joost J. F. P.
Luiken, Ryan A. Sayer, A. Russell Tupling, Adrian Chabowski, Graham P.
Holloway, and Arend Bonen

J. Biol. Chem. 2012, 287:23502-23516.

古くから、骨格筋での運動トレーニング誘導の脂肪酸酸化の亢進は、血中脂肪酸濃度の増加やミトコンドリア新生による影響であると考えられてきた。著者らは、脂肪酸酸化の亢進に脂肪酸トランスポーターCD36が関与すると仮説を立て、その機能を明らかにした。
CD36ノックアウトマウスの骨格筋を用いた代謝解析で、野生型マウスに比べ脂肪酸取り込み量や脂肪酸酸化量が有意に減少し、平常時・急性運動時のエネルギー基質として糖が多く利用されていることが明らかになった。また、CD36ノックアウトマウスの運動持久力は野生型に比べ有意に低下した。さらに運動トレーニングを行わせると、野生型マウスと同様にミトコンドリアマーカータンパク質の増加を観察することができたが、脂肪酸取り込み量や脂肪酸酸化量は有意に減少した。
さらに、野生型マウスを用いて、運動トレーニングによりミトコンドリアマーカータンパク質とCD36の発現量が増加した骨格筋(WT-trained
muscle)と、それと同等のCD36発現量になるように野生型マウスにCD36を過剰発現させた骨格筋(WT-CD36
overexpressing muscle)とを比較したところ、WT-CD36 overexpressing
muscleではミトコンドリアマーカータンパク質の増加が観察されないにもかかわらず、WT-trained
muscleと同程度の脂肪酸取り込み・脂肪酸酸化が生じた。
これらの結果から、CD36介在の脂肪酸輸送が骨格筋のエネルギー基質選択や運動パフォーマンス、運動トレーニング誘導の脂肪酸酸化の亢進を制御することが示唆された。
[PR]
by Fujii-group | 2013-08-28 12:14 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

A木さんの紹介

すごく遅くなりましたが、またメンバーの紹介です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

去年の副専攻から引き続き、4月からは卒業研究としてお世話になっております。

研究では、F市さんのもとで、実験の基礎からじっくり丁寧に教えていただいています。
今年からマウスの骨格筋から筋サテライト細胞を単離して培養する実験系を使って実験をしています。
去年の学生実習ではマウスを捕まえることもできなかった私ですが、マウスの解剖からはじめて、ようやく独り立ちすることができました。
F市さんには感謝ばかりの 研究生活です。

私がこの研究室を選んだ理由は、運動に関わる勉強や研究をしてみたかったことと、ヒトに近い研究に携わりたいと考えたからです。
また、昨年の副専攻での研究を生かして、卒業研究をしたいと思ったため、たくさんある研究室の中から運動分子生物学研究室を選ばせていただきました。
実験だけでなく、M鍋先生にエアロビを教えていただけたりして、楽しんで研究室生活を送っています!

好きな食べ物は抹茶パフェで好きな動物はマウスと犬(愛犬がいます)です!
学校外では、バトントワリングのクラブチームで指導をしていたり、東日本大震災 関連の学生ボランティア団体を運営して東京で大学生を集めて被災地へ連れて行ったり、街頭で募金活動をしたり、とにかくいつも慌ただしくしています。

今ある環境に感謝して、たくさんの人が毎日笑顔で過ごせるように、1つ1つ頑張っていこうと思っています!
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by Fujii-group | 2013-08-26 19:32 | メンバー紹介 | Comments(0)

すいか割り

うだるような暑さが続いています。タンパク質は高温になると活性を行い、変性していくのですが、この暑さで、ラボの人たちが活性を失っていかないか心配です。
さて、先日、教授から、ラボの皆へとスイカをいただきました。ご実家のほうから送られてきたという新鮮で大きなスイカです。あまりにも立派なスイカで単に切って食べるのはもったいないということで、すいか割りを行いました。
b0136535_12431576.jpg

割ったのは4年生。スイカを割る棒はバットで。二人とも見事的中で、すいかも飛び散ることなく、その後、皆でおいしくいただきました。
ご馳走様でした。
b0136535_12433531.jpgb0136535_12442252.jpg
[PR]
by Fujii-group | 2013-08-10 12:44 | 研究以外の日々 | Comments(0)

T村君のJC

今年のルーキーT村君のJCのまとめです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Myomaker is a membrane activator of myoblast fusion and muscle formation

Douglas P. Millay, Jason R. O’Rourke, Lillian B. Sutherland, Svetlana Bezprozvannaya, John M. Shelton, Rhonda Bassel-Duby
& Eric N. Olson

Nature, (2013) Vol. 499, 7458

筋芽細胞が融合して多核の筋繊維を構成するステップは骨格筋の形成において非常に重要である。著者らは、これまで機能未知で、骨格筋特異的に発現するタンパク質であるmyomakerに注目し、今回その機能の一端を明らかにした。myomakerは、筋芽細胞が融合して多核筋繊維を形成するために必須な、現時点で唯一の骨格筋特異的タンパク質である。マウスにおいてmyomakerを遺伝学的に欠損させると筋芽細胞の融合が全く起こらなくなった。逆に、骨格筋培養細胞においてウイルスベクターを用いてmyomakerを過剰発現させると融合が促進し、筋繊維の肥大化が観察された。また、繊維芽細胞においてmyomakerを異所発現させたところ、繊維芽細胞と筋芽細胞の融合が可能になった。これらの知見は、未だ不明な 点の多い哺乳類の筋形成の分子機構において新たな手がかりをもたらした。さらに、非筋細胞と筋細胞の融合を可能にするmyomakerは、骨格筋の修復ための新しい可能性を示唆しているかもしれない。
[PR]
by Fujii-group | 2013-08-03 12:34 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

七夕

7月から13号棟に飾っていた七夕の願い事を今年も南大沢の八幡神社へ奉納してきました。
b0136535_12272650.jpg

今年はとても、実験に関するシリアスな願い事が多かったようです。
b0136535_12274484.jpg

今年も願い事か天まで届きますように。
[PR]
by Fujii-group | 2013-08-03 12:31 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧