M武君JCのまとめ

Loss of the Inducible Hsp70 Delays the Inflammatory Response to Skeletal Muscle Injury and Severely Impairs Muscle Regeneration.
Senf SM, Howard TM, Ahn B, Ferreira LF, Judge AR (2013) PLoS ONE 8(4): e62687.

損傷からの骨格筋再生は一過性の骨格筋の炎症、ネクローシスによる細胞片の除去、筋産生を通してダメージを受けた筋線維が置き換わることといった一連の事象が高度に統合されたプロセスである。しかし、これらのイベントを調節する分子メカニズムの解明はまだ始まったばかりである。本研究で我々はHeat shock protein 70 (Hsp70) が損傷に続いて増加し、またcardiotoxinによる重度の損傷や生理的な損傷に続く一連の事象が正常に起こることに必要であることを明らかにした。実際、Hsp70 KO mouseではcardiotoxinによる筋損傷に対する炎症反応が遅延し、損傷24時間後では好中球とマクロファージのマーカーは共にほとんど検出されなかった。Hsp70 KO mouse では損傷後数週間筋の炎症やネクローシス、カルシウムの蓄積、悪化した筋線維の再生が続いた。Hsp70 KO mouseの筋にHsp70発現プラスミドを損傷前・損傷後それぞれに導入することによるレスキュー実験では、それぞれにおいて筋再生が促進された。また、損傷開始時に損傷筋の細胞外微小環境にHsp70タンパクを注入するレスキュー実験から、ダメージを受けた筋から放出されるHsp70は損傷に対する早期の炎症反応を促進する可能性があることが明らかになった。重要なことに、関節の固定によって筋に一定期間負荷がかからないようにした後、再負荷をかけることによって生理的な損傷を生じさせる実験で、再負荷3日後においてHsp70 KO mouseではWTと比較して筋の炎症が減少した。このことはその後Hsp70 KO mouseで筋線維が保存されたこと(再生過程の線維が少ない)や筋発揮張力の増加に繋がったと考えられる。以上の結果から、筋損傷の性質や程度に応じて細胞内・細胞外のHsp70をターゲットとするような治療法が筋組織の保存や筋機能の回復に有効かもしれない。
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-26 20:30 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

大学院入試説明会

6月29日に首都大学東京 人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域の大学院入試説明会が開催されます。詳細は以下の通り。

首都大学東京 人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域 大学院入試説明会
南大沢キャンパス
6月29日(土)13:00より
南大沢キャンパス 12号館 202教室
(12:30より受付開始)

本研究室を希望する学生の方はご参加ください。
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-25 13:02 | お知らせ | Comments(0)

細胞生物学会

先日、名古屋で開催された細胞生物学会に参加してきました。研究室からは宮武君がポスター発表をいたしました。初めてのポスター発表に少し緊張気味の宮武君。
b0136535_1973683.jpg

 質問対策もしていったのに、さほど多くの質問もなく、少し物足りない感が残ったようですが、無事発表を終えました。

 さて一言に細胞を研究するといっても多岐にわたっているのです。
例えば、オートファジーの中にもミトコンドリアだけを食べるマイトファジーという食作用の研究しているものや、オートファジーがどこから起きるかその場所を研究しているもの、細胞内でのタンパク質の輸送機構に関わる分子の探索や、細胞小器官をターゲットにしたメタボローム解析や、1細胞内で起こる変化を詳細に研究しているものやら・・・・もう細胞内の世界に浸りきった感じの学会でした。

生物はまだまだ謎が多いのです。たとえゲノムが全部解読されていても、私たちが知っている情報は氷山の一角かと思います。
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-24 19:14 | 研究に関連する話 | Comments(0)



本研究室が発足して間もないころから共同研究をする縁になった方々が、眞鍋先生の准教授昇任をお祝いして、パーティーを開いてくださりました。一堂に会した面々は、新進気鋭の研究者だったり、社会的地位がとおーっても高い方だったりと、眞鍋ファンの裾野の広さが分かる集まりとなりました。I崎さんが数か月前にパーティー開催の声を上げて下さり、K村さんが異なる場所にいる面々が集まれる機会を見定めてくれた結果、この日のお祝いとなりました。b0136535_16465754.jpg

料理とお酒は美味しいし、会話は楽しいしと、絶好調だった会場。そこに突然、コーンハットをかぶり大騒ぎしながら部屋に入ってきた者たちが!。二人の闖入者に、アッケにとられる眞鍋先生。気が付くと、他の参加者たちも手元に小さなクス玉を持ちスタンバっています。「眞鍋先生、おめでとうございます」の掛け声で、一斉にクス玉が開きました。

闖入者の正体は、K村さんとT村さん。こっそり席を抜け出して、サプライズの機会をうかがっていました。クス玉もお二人が用意してくださり、参加者に前もって渡されていたのでした。b0136535_16481072.jpg

これで会はさらに加速して大盛り上がり。社会的地位の高い方のお一人、この方も、たまらず踊り出します。よく見ると、はだけたシャツの下には眞鍋先生が過去に所属した、米国ジョスリン糖尿病センターの研究プログラム・Tシャツが!。
b0136535_16492971.jpg
仕込みも凝っています。プレゼントは、愛車(自転車)カバーを購入するたび風で飛ばされ紛失してしまっていた眞鍋先生の悩みを、即解決するグッズ。マジック・テープ付きで簡単には飛ばされない有名ブランドのカバーと、さらに強化用のロックでした。しかも眞鍋先生が好きなピンクが選ばれています。この辺の情報は本研究室のT木さんから流れたようです。
b0136535_1648548.jpg

使用したコーンハットとクス玉を並べてみると、「新居浜・愛媛の出世頭」のメッセージが!。こうして眞鍋先生は、2度目のサプライズ・パーティーにも、まんまと引っ掛かってくれました。それにしても、本当に心のこもったパーティーでした。「仕事を成す時に重要なのは、そこに集まる人々のパーソナリティだ」というO寺さんの言葉には、地位ある方に相応しい卓越した眼識を感じました。N村さん・I本さんと進める研究も、よい物になると思いました。集まって下さった皆さまに、心からお礼を申し上げます。
b0136535_16455539.jpg
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-18 21:18 | 研究以外の日々 | Comments(0)

先日、藤井ラボ主催の独り占めセミナーで東京大学の寺田新先生が講演されました。筋をメインにした脂質摂取と糖代謝に関するものでした。寺田先生は、これまで大学だけでなく、製薬メーカー、食品会社等様々な経歴を有する先生でして、講演も大変興味深い内容で、学生からも質問が多数出て盛況なセミナーになりました。

さてその折、寺田先生が東京大学のロゴ入りクッキーを持参してくださいました。クッキーには東京大学のロゴがはいっており、ちょうど、先週京都に出張されたF教授が京大飴をお土産に買ってくださったこともあり、ロゴ入りのシリーズが揃ったので写真撮影をしようということになりました。

首都大のクッキーも大学生協に売ってありますので、大学お菓子シリーズで写真を撮ろうということになり、秘書さんが生協に足を運ぶと「現在クッキーは入荷しておりません。そのうち入荷します」という、あまりにも使えない首都大生協さんの返事をいただきましたので、代わりに瓦煎餅を購入しました。なんだか物足りないので、さらに、首都大のロゴマーククッキー(非公式)とともに撮影しました。
b0136535_1173298.jpg


最近、様々な大学でその大学のロゴ入りのお菓子がありますね。色々な大学を訪れてみて色々と試してみると、その大学のカラーがわかるかもしれません・・・。
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-17 20:59 | 研究以外の日々 | Comments(0)

I垣JC

先日行われましたJCの内容のまとめです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Identification and Validation of Novel Contraction-Regulated Myokines Released from Primary Human Skeletal Muscle Cells

Silja Raschke, Kristin Eckardt, Kirsten Bjørklund Holven, Jørgen Jensen, Jürgen Eckel

PLoS One. 2013 Apr 24;8(4):e62008. doi: 10.1371/journal.pone.0062008. Print 2013.



 骨格筋から分泌されるタンパク質はマイオカインと呼ばれ、骨格筋自身や他の臓器に影響を与える生理活性をもつことが示されている。近年多くのマイオカインが報告されているが、骨格筋から分泌されていることをはっきりと特徴付けられているわけではない。

 本研究では、ヒト骨格筋初代培養細胞を用いて、骨格筋から分泌されるタンパク質および、電気刺激による筋収縮によって分泌が制御されるタンパク質をcytokine antibody arraysという手法を用いて同定した。その結果、ヒト骨格筋初代培養細胞を24h培養したCondition Mediumをcytokine antibody arraysで検出したところ、新規の52種類のマイオカインを同定した。また、電気刺激による収縮で分泌量が変化するマイオカインを48種類同定した。

 加えて、先行研究においてアディポカイン(脂肪組織から分泌される生理活性物質)として同定されたDPP4とPEDFがヒト骨格筋初代培養細胞で発現・分泌することを本研究で確認した。

 今回の手法によって、収縮により制御されるマイオカインが同定され、アディポカインとマイオカインの間に重複しているタンパク質があることが明らかになった。
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-17 08:23 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

M藤さんのJC

先日行われたJournal Clubのまとめです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Importance of β-Catenin in glucose and energy homeostasis.
Elghazi L, Gould AP, Weiss AJ, Barker DJ, Callaghan J, Opland D, Myers M, Cras-Méneur C, Bernal-Mizrachi E.

著者らは、Wntシグナルが膵β細胞の質量や機能に関わるという先行研究に着目し、Wntシグナルのメディエーターとして遺伝子発現を制御するβカテニンの膵臓特異的なノックアウトマウス(以下βcat-KO)を作製した。ノックアウトマウスはCre-loxPシステムにて作成され、CreはPdx1プロモーターの下流に挿入された。作成されたβcat-KOの表現型を解析すると、膵β細胞の質量は減少し、糖耐性も低下した。しかし、高脂肪食を食べさせたときに、肥満やインスリン感受性の低下が起こらなかった。それは、運動量が異常に亢進しているからであると考えられ、中枢系の関与が考えられた。そこで、他臓器でのCre発現を確かめると膵臓以外にも脳視床下部で発現していることが分かった。運動亢進はそれによる影響だと考えられた。
 本論文ではβカテニンが糖代謝や膵β細胞の質量、機能に関わっている可能性があることは分かるが、膵臓特異的なノックアウトマウスの作成に成功していないことから、可能性の域を出ない。
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-07 18:59 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

可愛い訪問者

昨日、無機質で忙しいラボに、素敵なお客様が来ました!
先日、女児が誕生したF市さんの奥さんが、まだ生まれて2か月という赤ちゃんを連れて内祝いを持参してくださいました。写真はパパのF市さんです。赤ちゃんも周りの人にびっくりしてきょろきょろしておりました!
b0136535_8582018.jpg


内祝いには、美味しいお菓子と、なんと!画家をされているF市さんの妹さんの絵をいただきました。それもテーマは「筋」です!水彩画で一見するとソフトな印象を与えてくれますのに、よく見るとしっかりとした筋の強さを感じることができる絵です!

b0136535_8584297.jpg

b0136535_858518.jpg

本格的なボディービルダーの学生M君は素敵な筋の絵を物欲しそうに見ておりましたが、今後の価値が計り知れない絵は、厳重な管理のもと教授の部屋に飾られました。

うちのラボが、試薬も買えないくらい貧乏になった時に、この絵を査定したら、数億の価値がついてるいかもしれません・・・・、っと、そんな価値よりも、立派な画家さんが描いた「筋」というテーマの本当の絵が、筋を研究している部屋にあるということ自体、とても誇りに思います。

本当にありがとうございました!そして、すくすくと育ってください。
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-06 08:58 | 研究以外の日々 | Comments(0)

M1のT君


修士1年生に入学したとても身長が高いT君の紹介です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

4月から運動分子生物学研究室に所属させていただいているM1のT村です。
現在はI上先生のご指導のもと、骨格筋培養細胞と脂肪細胞を育てて…
ごにょごにょしています。

学部時代は運動とは全く関係のない分野にいたのですが、
小さいころから体を動かすことが好きだったせいか、いつしか
運動によって分子、細胞レベルで体がどう変わるのだろうかという
漠然とした興味を持つようになりました。そこで、せっかくなら
運動のことを分子レベルで研究してみたいと思い、こちらの研究室の門をたたきました。
運動の研究をするラボだけあって超体育会系なのだろうかと戦々恐々としていたのですが
別にそんなことはなく、しかしながら、F教授もM准教授もクロスバイクで毎日通勤されていてさすがです。

この春から首都大にやってきたのですが、いつも駅前の正門とは反対側から、
研究室のある建物に通学しているので、キャンパスの栄えているあたりが
どうなっているのか未だによくわかりません。しかし、ダートのランニングコースや
トレランに最適な 不整地のハイキングコース?みたいなところがあり、
緑が多くて気持ちのよいところだと思います。

おかげさまで、ラボにも慣れてきて、だんだん実験のペースも掴んできたので、
実験の合間にそれらのコースを走ってみようかなと思っているところです。
日々の研究生活に適度な運動とトレーニングを交えて
さらに研究のアクティビティを高めてきたいです。
(あと最近ウエスト周りが不穏な気配を見せているので…)

肝心の実験のほうは、最近は再現性という名の呪縛に囚われてもがいているところですが、
正確で丁寧な作業を心がけつつ、工夫とあと根性できちんとしたデータが取れるようがんばります。

今後ともよろしくおねが いします!
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-04 08:27 | メンバー紹介 | Comments(0)

便利なツール

昨日、本学理学研究科 生命科学コースが主催するセミナーがあり、科学技術振興機構(JST)の一つの機関であるバイオサイエンスデータベースセンターの坊農秀雅先生の発表を聞きに行きました。

ウェットな実験(実験室で肉体労働)ばかりしていると、バイオインフォマティクスの話は難しい…と感じてしまうのですが、昨日のセミナーはそういう細かい話ではありませんでした。我々のウェットな実験者に対して、便利で使いやすいデータベースになるように、様々ツールを構築して、その普及に努めているという、そのサイトや使い方の紹介の話で、大変興味深く聞かせていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください。様々な便利なツールが凝縮しています。

インフォマティクスやデータベースなんか関係ない!って言う人もこのサイトは必ず役立ちます。

私が作ったわけではないですが、是非是非ご活用ください!
[PR]
by Fujii-group | 2013-06-01 11:48 | 研究に関連する話 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々