新社会人・O野君

3月に修士課程を修了し、4月1日から社会人として横浜みなとみらいで働き始めた荻野君が先日、研究室に顔を出してくれました。古市君がお子さんを授かったお祝いに足を運んでくれたのでした。社会に出て働くという新たな冒険を、元気いっぱい楽しんでいる様子が、表情や声の張りから感じられました。頑張れ。
b0136535_8341668.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2013-04-26 18:33 | 研究以外の日々 | Comments(0)



少し前になりますが、眞鍋先生が准教授に昇任するにあたり、新理事長から任命を受けました。新理事長は、話題の有名なお方です。
b0136535_8585955.jpg


加えて、眞鍋先生が中冨健康科学振興財団から研究助成金を授与されました。研究課題は、「骨格筋から分泌されるマイオカインの機能スクリーニング - ショウジョウバエ遺伝学を利用した新規スクリーニング法の構築 -」です。おめでとうございます。
[PR]
by Fujii-group | 2013-04-26 18:16 | お知らせ | Comments(0)

iPS細胞

昨日、京都大学iPS細胞研究所の櫻井英俊先生の研究グループがプレス発表を行いました。内容は、「ジストロフィー患者さんのiPS細胞から筋肉細胞を作製し、病態を再現することに成功した。今後、筋疾患における創薬開発のプラットフォームとして期待できる」というものです。

これを受けて、昨夜のTV報道では多くの局がこのニュースを大きく取り上げました。

この研究には、わたしたち自慢の培養骨格筋収縮技術を提供しています。プレス発表となった論文には、本研究室を代表して眞鍋・藤井の名前が載っています。

わたしたちの研究推進のために開発した特殊技術ですので(ホームページの研究概要(1)参照)、当初はiPS細胞研究に利用されることになるとは全く考えていませんでした。情報の与え手としても受け取り手としても、視野を広くすると思わぬ出会いがあるのが研究の世界です。
b0136535_14554024.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2013-04-25 15:03 | 研究に関連する話 | Comments(0)

We stand with you

ボストンがテロ・アタックを受けました。テロに巻き込まれ亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。また、身体や心に傷を負った方々が一日も早く癒されることを祈っています。

大好きな街とそこに集う人々が、暴力で卑怯に傷つけられたことが悲しいです。

2001年の同時多発テロではボストンの空港から旅客機2機が奪われ、近辺に住む多くの方々が命を落とされました。悲しみの中、それでもボストンは立ち上がりました。今回のテロにも屈することが無いのは明らかです。

わたしと眞鍋先生が所属した研究室からは、いまのところ知り合いが被害にあった様子はないと連絡がありました。けれども、ボストン・マラソンを走ったある知人とその家族は、あの場を離れた数分後に爆発が起こるという経験をしています。

HPの扉写真を使って、研究室メンバーの皆とボストンにシンパシーを送りました。それに対して、ボストン時代のボス、ローリー・グッドイヤー博士から、以下のメールが届きました。

*************

親愛なるノブとヤスコと友人たちへ

皆さんからの支えに感謝します。思いやりと祈りを頂いたことを、感じます。ありがとう。

ボストンは、少なくともあの現場に偶然にも居合わせてしまった人々やその関係者以外は、平常を取り戻しつつあります。

最後にもう一度、皆さんの友情に感謝します。

ローリー
[PR]
by Fujii-group | 2013-04-20 12:13 | 研究以外の日々 | Comments(0)

4年生S藤さん

4月になって新人がメンバーに加わりました。少しずつ自己紹介文をアップしていきたいと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


はじめまして。
4月から運動分子生物学研究室に所属しています、卒研生の佐藤です。
現在は眞鍋先生、高木さんのご指導のもと、培養骨格筋細胞を育て、実験しています。

素敵な先生・先輩方に囲まれて研究できることを嬉しく思っています。
正門からはほど遠い13号館ですが、朝の首都大は気持ちがよく、今日も頑張ろうという気になります。


私がこの研究室を選んだのは、人の体内の仕組みに興味があったからです。なにも考えなくても正常に働いている体はすごいと思っています。なかでも、筋肉は身体を動かすことだけでなく、体内の多くの機構に関わっている可能性を知り、興味をもちました。

私と運動の関係はというと、
私は運動音痴で、中学生まで1度も50m10秒をきったことはなく、私の運動神経は切れていると思っていました。今、考えると恐ろしい話ですね。
そんな私ですが、中学生でバレーボールを始めてから運動が好きになり、大学ではダンスを始めるなど、ほぼ毎日運動をしていました。 そのおかげで、いつも体調万全でした。
しかし、半年ほど前にダンスサークルを引退し、運動する機会がなくなると、度々、体調不良になり、今まで意識していなかった、運動の威力を日々実感しています。
M鍋先生には研究とともにエアロビクス でも
鍛えていただかなければと思います。

さて、性格はというと、忘れっぽい上にあわてんぼうです。さっそく研究室でも、
「佐藤さん、いつも焦ってるよね。」
と言われてしまいました。
・・・皆さん、いつもご迷惑ばかりおかけして本当にすみません。
また、食べることが大好きです。特に、果物と甘いものは欠かせません。ヨーグルトも大好きなのですが、今は細胞を扱っているため、夜にだけ楽しみに食べています。

最後に、私の自慢はというと双子の姉がいることです。姉は、理系でもなく運動もできませんが、あわてんぼうなところはそっくりです。
今はNYに留学中ですが、よく研究室の話をしているので、今度連れてきてもいいでしょうか?ちなみにNYといっても、ヤンキースファンではないので安心して下さい。

今は失敗ばかりでT木さんに頼りっぱなしの毎日ですが、たくさんのことを吸収して、精一杯頑張ります。
これからよろしくお願いします。
[PR]
by Fujii-group | 2013-04-17 20:20 | メンバー紹介 | Comments(0)

ラボツアー

春の恒例行事、学生たちのラボ・ツアーが開催されました。新しく研究室に参加することになったメンバーに実験機器の使い方や研究室のルールを覚えてもらうのと、現メンバーも再確認するのを目的に、ほぼ全員が集まりました。この後は研究室から動物飼育棟へ場所を移してのツアーが待っています。ラボ・ノートの付け方講習まである、ボリュームたっぷりのツアーです。無料です。
b0136535_1519290.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2013-04-12 18:12 | 研究に関連する話 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30