教授のブログ、ノーベル賞に関係した第三弾目です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ポスドクとしての受け入れを打診する際は、50から100の研究者に手紙を書くのが常識だと、よく言われた。一流の研究者には世界中からオファーが集まり競争も激しいから、それくらいの苦労は厭うなという意味だろう。実践した猛者もいる。わたしは思い入れのある研究者のところに行きたかったので、20ほどをリストアップして、4研究者ずつ5回に分けて手紙を送ることにした。1回目の戦績は1勝3敗で、受け入れの返事が1件、断りの返事が1件、そして返事が無かったのが2件だった。ベスト4の1つから承諾をもらえたのは幸運と考え、グッドイヤー博士の研究グループに参加することを決めた。そこでの経験は、いま振り返ってみても素晴らしく、受け入れてくれたことに深く感謝している。

外国でトレーニングを受ける準備ができたと感じた頃、わたしが真っ先に考えた研究者は、じつはベスト4の中の他の二人だった。一人はレフコウィッツ博士。Gタンパク質共役型受容体の神様と勝手に呼んでいたほど、大学院・ポスドク時代には彼の研究に傾倒した。ホルモンなどの液性因子は、細胞膜表面から突き出る受容体に結合することで、細胞に作用を生じさせる。これは「鍵と鍵穴」の関係に例えられ、アドレナリンはアドレナリン受容体とは結合できるが、他のホルモンの受容体とは結合できない。鍵と鍵穴の形が合わないからだ。鍵穴にあたる受容体の存在は、元々は薬理学研究の結果から推測されたものだった。集積した知見はその存在を強く予想していたので、研究者は細胞膜には受容体があるものとして研究を進め、実際に多くの重要な発見がなされた。しかし、目に見えない対象を相手にしていることに変わりはなかった。それを見える存在としたのがレフコウィッツ博士だった。

彼はアドレナリンに放射性物質で目印を付け、それと結合する受容体が細胞膜表面にあることを確認し、さらに受容体数および結合親和性を見出す手法を考案した。これによって、Gタンパク質共役型受容体の特徴が詳しく解析できるようになった。さらに彼の弟子にあたるコビルカ博士が遺伝子クローニングの手法を導入し、受容体を分子として、つまり目に見える物質として扱えるようにした。わたしの二人目の神様で、彼の当時の論文は、ほぼ全て読んだ。彼らの研究の結果、鍵と鍵穴の形がホルモンの作用を特徴づけていることが分かった。驚くべきは、実際に分子の形で受容体を分類してみると、目に見えない存在として薬理学的に行われた分類に、よく一致したことだ。彼らは新しい分野を拓くとともに、薬理学のすごさをも証明したのである。

2012年のノーベル化学賞は、わたしの神様二人に贈られた。研究対象が変わったいまでは、二人の論文を読むこともなくなったが、受賞の報にあの頃の想いが蘇った。レフコウィッツ博士からの断りの手紙は、ハワード・ヒューズのレター・ヘッドに自筆のサインがあって、いまでもわたしの大切な宝物だ。

b0136535_1518445.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2012-10-27 15:19 | 研究に関連する話 | Comments(0)

学振

宮武君が、日本学術振興会の特別研究員DC2に採択されました!。豊富な実験量をベースとした彼の研究が、認められたのだと思います。普段は寡黙に実験をこなす宮武君ですが、今日ばかりは会心の笑顔です!。おめでとうございます。

ps; 反射板を持った撮影スタッフ1名が背景に写り込んでしまいました。立ち位置が間違っている(背中を照らしても…)のと、宮武君に負けない笑みを浮かべていることから、確信犯であることは間違いありません。
b0136535_1821748.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2012-10-22 18:21 | 研究に関連する話 | Comments(0)


遅くなりました・・・・。もう新人ではないけど、今年からラボのメンバーになった古市さんの紹介ブログです!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ポスドクの古市です。藤井ラボに来て既に半年。遅ればせながら、自己紹介をします。

僕が藤井ラボを知ったのは、第2回分子骨格筋代謝研究会のことでした。その会のトップバッターであった眞鍋先生は、培養骨格筋細胞がピクピク収縮している動画を発表されていました。当時D2で細胞の実験を始めたばかりの僕にとって、その研究は非常にエキサイティングであり、心が躍ったのを今でも鮮明に覚えています。
その後、博士取得後のポスドク先を探す上で、まず候補に挙がったのは当然藤井ラボでした。しかし、迷わなかった訳ではありません。以下の2点で悩んでいました。
1つめは、このラボは「恐ろしいらしい」ということ。元は「実験はハード、データに厳しい」という藤井ラボの特徴だったのでしょうか。噂が遠く離れた金沢にまで伝わる頃には、「何やらあのラボはとんでもなく辛い」という表現に変わっていました。
2つめは、私が石川県出身であること。石川県といえば兼六園や21世紀美術館も有名ですが、野球選手の松井秀喜の存在感は半端じゃありません。メジャーリーガーの頃は、打っても打たなくても地元誌の一面は松井選手のカラー写真で飾られていました。当然僕も松井選手に憧れて野球を始めたファンの1人です。これがなぜラボ選びの悩みなのかって。そう、それは彼がピンストライプのユニフォームを着ていたからです。
1年半ほど前、大きな期待と大きな悩みを胸に、藤井先生とお会いしました。とても緊張していた僕ですが、まず研究室の噂の誤解は解けました。さらに、当時松井選手はアスレチックスに移籍していたので、2つめの懸念も過去のこととして許していただきました。

晴れて学振PDに採用されて藤井ラボに入った僕は、ハードでエキサイティングな研究生活を送っています。朝から晩まで実験をエンジョイしています。最近は大好きなコーヒーを飲む時間さえありません。しかし、実験は「一歩進めば一歩下がる」という状態が続いています。期待通りの結果が出た日には胸を張って帰り、そうでない日には背中を丸めて帰ります。僕は性格上、実験結果に一喜一憂しすぎる傾向があります。教授からは「ニヤニヤするな」と叱られ、スタッフの方からは「もっとニュートラルになりなさい」と窘められます(笑)。

そういえば、最近ジムに通い始めました。夕方、僕の姿がなかったら、運動を実践していると思ってください。運動や筋収縮を研究している身として、自ら運動することは大切ですよね。何よりこのラボで働くためには、絶対的に体力が必要です。また、運動は骨格筋だけでなく、脳のグリコーゲン量を超回復させるらしいので、きっと徹夜実験の集中力にもつながるはずです!さらにさらに、運動をすると頭の中が整頓され、良いアイデアが生まれることがあります。運動の恩恵効果は絶大ですね。将来、これを実験的に証明したいと思います。

持ち前のガッツで頑張ります。よろしくお願いします。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by Fujii-group | 2012-10-18 19:21 | メンバー紹介 | Comments(0)

ノーベル賞に関する教授のブログ2ndです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
これまでの人生で最悪のプレゼンテーションをしてしまったのは、37歳にもなってからだった。2003年にオランダで開催された学会での口頭発表が、招待講演であったにもかかわらずボロボロだった。研究内容は新しく刺激的だったが、より充実した講演にしたいと直前まで追加実験をした結果、発表練習は移動の機上で始めることになってしまったのだ。発表前夜も夜を徹して練習したが、不足は明らかで、自信の無さがそのままプレゼンテーションに出た。

その夜は落ち込んで、宿泊したホテルのバーのカウンターでビールを飲みながら、その日に自分を襲った出来事を思い返し、身を震わせていた。店内はにぎやかだったが、オランダ語や英語は意識にまで入ってこないので、一人いじけるには充分な環境だった。そんな時、声を掛けてきたのがゼェラス博士だった。

「ノブ。国際学会に一人で乗り込みあれだけの研究結果を紹介できるなんて、すごい事だと思うわ」。ゼェラス博士は代謝研究の第一人者で、それまでに学会や研究会で顔を合わせることは何度かあったのだけれど、直接に会話をしたのはこの時が初めてだった。プレゼンテーションでのわたしの姿がよほど可哀そうに見えたのだろう。そのことに触れることはなかったけれど、慰め元気づけてくれようとしているのは明らかだった。素直に嬉しかった。知り合いでなかったとしても、他者に対して無関心でいないこと、思いやりと優しさを持って接することは、長い外国暮らしで学んだことの1つだ。

カロリンスカ研究所のホームページでは、毎年ノーベル賞の発表時間にあわせてカウントダウンする時計を表示し、それがゼロに達すると発表をライブで放映する。今年は山中伸弥博士が生理学医学賞を受賞する可能性があったので、その様子をインターネットで見入っていた。議長が操る5ヶ国語でのアナウンス中に、山中博士の名前が繰り返し聞こえて、感動した。その直後にカメラが引いて副議長席が映し出されると、そこにゼェラス博士の姿があって、感動に驚きが加わった。

ノーベル賞を授ける側にあなたの姿を見つけて誇らしかった、とゼェラス博士にメールを送った。返信には、「あれは日本が誇らしい瞬間だったのよ」とあった。
[PR]
by Fujii-group | 2012-10-16 18:20 | 研究に関連する話 | Comments(0)

山中伸弥博士

教授がノーベル賞に関するブログの記事を書いてくださいました。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 山中伸弥博士が2012年度のノーベル生理学・医学賞を受賞された。iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製樹立からわずか6年でのスピード受賞に、異を唱える科学者はいないだろう。わたしも心から祝福したい。
わたし達の身体は約60兆個という途方もない数の細胞からできている。けれども元は、たった一個の細胞、つまり卵子を原初として身体づくりが始まっている。卵子が2つ、さらに4つと、倍々に分裂して細胞が増えていくのだが、ある過程で皮膚になる細胞には皮膚の特徴が与えられ、筋肉になる細胞には筋肉の特徴が与えられていく。つまり卵子は身体のどの部分にも変身できる万能細胞なのだが、いったん皮膚になってしまった細胞は来た道を引き返して筋肉細胞に変化したり、あるいは卵子のように何にでも変身できる細胞には戻れない、というのが生物学・生命科学の常識とされていた。山中博士がiPS細胞の作製に成功するまでは。山中博士は、皮膚から取った細胞に数種類の遺伝子を導入することで、どんな細胞にでも変貌できる万能細胞を樹立した。これの意味することは、自分の皮膚を削り取ることで、自身に移植するための肝臓や膵臓の細胞を作り出す可能性が現実味を帯びたということだ。再生医療や臓器移植医療に、陽の光が差し込んだのだ。
わたしが大学院生やポスドク(博士取得後研究員)をしていた頃は、「物理学は成熟した科学、生物学は未熟な科学」と冗談交じりに揶揄された。理由は、「生物学は未だコペルニクス的転回を経験していないから」。iPS細胞は、最終駅まで行き着いた細胞を、多能性幹細胞に引き戻せることを証明した。これはコペルニクス的転回と呼んでいいと思う。生物学が成熟した瞬間だと、授業では話している。
山中博士とは一度だけお会いしたことがある。わたしがボスドクだったころ技術交換のためによく訪れていた大阪市立大学医学部の研究室に、山中博士が米国での留学を終えて戻ってこられたのだ。「この研究室にも分子生物学のできる人が来てくれました」と紹介された。当時はiPS細胞の萌芽はまだなかったか、あっても具体的な実験には入られていなかったのではないか。その後のご活躍と、その裏で大変なご苦労に耐えておられた姿勢には、ただただ頭が下がるし、同業者として襟元を正される。山中博士とともにiPS細胞樹立に直接関わった高橋和利博士(当時は学生)の言葉が強烈に胸に刺さる。「(成功の瞬間のことは)実はあんまりよく覚えていないのです。というのは、これまで12年間、山中先生にご指導いただいて、研究をずっとやっているわけですが、千ページ以上ある実験ノートの中のたった1ページの出来事。僕にとって特に印象深いことではありません。僕としては同じぐらい大胆な実験は毎日やっているつもりです(朝日新聞)」
b0136535_1912871.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2012-10-12 19:03 | 研究に関連する話 | Comments(0)

様々なお祝い

先日、秋で修士課程を修了したM藤さん、夏の院試に合格した四年生2人、進路を変えて就職することにし、早くも就職を決め、管理栄養士として働き始めたM下さん、それと、藤井教授の誕生日、それぞれを祝う会が行われました。
b0136535_2036366.jpg


教授には素敵な誕生日プレゼントがみなさんから送られました。
b0136535_20384995.jpg

この暖簾の意味(特に暖簾に小さく書かれた文字の意味)を知りたい人は、うちラボへ・・・・。
[PR]
by Fujii-group | 2012-10-10 20:40 | 研究に関連する話 | Comments(0)

秋(晩夏)の収穫

学部3年生の二人が、大学キャンパス内にある菜園で野菜を収穫してきてくれました(写真がブレブレで申し訳ありません)。ナス、ゴーヤ、ピーマン、チリと、種類も豊富。

b0136535_18595690.jpg

A木さんが手にする緑のピーマンは、いまでは赤く熟しました。
b0136535_190158.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2012-10-02 19:00 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31