<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

秋の修了

本日、ラボにいるM藤さんが無事、修士課程を修了しました。

彼は、働きながら夕方からラボにきて、夜と土日頑張ることによって、普通よりたった半年遅れただけで、修士を修了することができました。彼の頑張りには、みなさん脱帽です。

b0136535_19383813.jpg

写真は、去年まで藤井ラボ専属のカメラマンだった隣のラボ出身のA宮君(現在アメリカ留学中のはず・・・でも一時帰国中に、たまたま大学にいて・・・)が取ってくださいました。
b0136535_19385948.jpg

Many Thanks!
[PR]
by Fujii-group | 2012-09-28 19:41 | 研究以外の日々 | Comments(0)

4年生の紹介

四年生の伊藤さんの紹介文です。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
こんにちは。
今年度から卒研生として運動分子生物学研究室に加わった、学部4年の伊藤です。
眞鍋先生の指導を受けながら、培養骨格筋細胞を使って日々実験しています。

簡単に自己紹介すると、
神奈川生まれ・神奈川育ちの純粋なる神奈川県民です。
自宅から学校まで比較的近いので、毎日原付で通学しています。本当はバイクの免許を取って格好良く乗り回したいのですが、先日怪我でお騒がせしたばかりなので当分は我慢しておきます…
看護師だった母の影響なのか、幼い頃から人の身体や健康に関心があり、藤井研に入ったのも運動と健康が関わる研究に興味を持ったのが大きな理由です。

性格はのんびり・マイペースで悪く言えば鈍くさいです。小さい頃、旅行先で池に生えていたコケを飛び石と見間違えて池に落っこちたことがあります。(その事で未だに家族に笑われます)
インドア派でスポーツは基本的に苦手なのですが、何故か足だけは速く、走るのは長距離も短距離も大好きです。近頃すっかり秋めいてきて涼しくなってきたので、運動不足を解消するためにランニングを始めようかなと思っている所です。
無趣味でアイデンティティがないことが悩みだったのですが、先日ダーツに挑戦したところ思わぬ才能を発揮したのでダーツにハマりかけています。一緒に投げてくれる人募集中です!

来年度からも藤井研でお世話になることが決まったので、この先2年半、一生懸命研究に打ち込みたいと思います。よろしくお願い致します。
___________
[PR]
by fujii-group | 2012-09-26 20:34 | メンバー紹介 | Comments(0)

四年生の紹介

ずっと新人の紹介が滞っておりました。もう新人とは言えない時期になってきましたが、四年生の自己紹介です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

初めまして、この4月から運動分子生物学研究室に所属しております、学部4年の丸尾と申します。
1年生の頃に受講した藤井先生の講義でハートを掴まれてしまい、ずっとこのラボに入りたいと思っていたので、藤井ラボの一員になれて本当に嬉しいです。M1のI垣先輩と共に、13号館・飼育棟・RI棟を行ったり来たりしながら実験しています。

「腹筋を10回できないと藤井ラボには入れない」という都市伝説(?)があり、実際藤井研にはアクティブな趣味を持つ方が多い印象なのですが、私は腹筋こそ出来るものの根っからの運動音痴で、特に球技に関しては全くセンスがありません。先日バッティングセンターに行く機会があったのですが、フォームを散々レクチャーされた後でも3回に1回バットにボールが「あたる」程度で、ヒットは全く出ませんでした、球の速さは70km/hでした、しかもふくらはぎを痛めました。。。

運動がダメなら何が趣味なのか、と聞かれたら、迷わず「食べること・飲むこと」と答えます。美味しいものは本当にヒトを元気づけ、幸せにしてくれます。
料理に関しては何でもよく食べますし、甘いもの(羊羹は言わずもがな、最近はあんみつにもはまっています)も大好きですが、お酢やレモン・ゆず胡椒などを効かせたサッパリした味のものを食べたくなることが多いです。お昼ごはんはおそらくI藤さんの3倍量は食べ、よくK倉くんに食べすぎだとつっこまれます。
飲料に関しては好きな味の幅がとても広いですが、中でも研究室でよく飲んでいるのは豆乳と紅茶です。豆乳は1日1本以上、紅茶は毎日数杯ずつ淹れていただいています。有名処のフレーバーティーも美味しいのですが、知人がブレンドしてくれたミントとラベンダーの紅茶が絶品で、飲み始めると止まりません。家では煎茶やほうじ茶をよく淹れ、日本茶の茶葉を自分で色々あわせてみるのも好きです。
お酒はあまり強くないのですが、最近ようやく自分と相性の良いもの・気持ち良く飲めるペースがつかめてきました。大体なんでも好きですが、近頃はワインばかり飲んでいます。ポップやラベルに書かれている味の説明がこんなに役に立たない飲み物はなかなかありません、味もさることながら、この博打感がとても好きです。ワイン以外にも、ビールも日本酒も焼酎もウイスキーも何でも飲みますが、酔っぱらうと自分が飲んだ銘柄を覚えていられないのが目下の悩みです。また同じものが飲みたくてもなかなか巡り合えません。

そんなわけで、毎日好きなものを沢山食べて程良く飲んで力をつけて、精一杯実験に打ち込んでいきたいと思います。
残り半年程の短い研究室生活にはなりますが、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by Fujii-group | 2012-09-22 10:48 | メンバー紹介 | Comments(0)

お土産

うちのラボでは、所属は化学コースなのですが、訳があってこちらで実験をしている中国人の留学生Xu君がいます。
彼は、英語が話せるのはもちろんのこと、日本のアニメが大好きで、独学で日本語を勉強し、身につけてしまった優秀な学生君です。、

先日夏休みに帰った折に、中国のお茶のセットをお土産に、買ってきてくれました。
b0136535_1913342.jpg

これは藤井先生に、その他女性の方々にはスカーフやら、お菓子やら色々いただきました。
とても、満喫した夏休みのようでした。

今、互いの国では悲しいことにちょっとした諍いはあります。でも、彼は中国にいるとき、暇を感じると、早く日本で研究したくなった・・・とも言っておりました。

人と人では友情や愛情、研究でつながっているのに、国どうして争い事が起こるのは悲しい事です。

留学生君とも、「互いの国にとって良くないから、早く平和になればいいね。。。」と、互いに平和を望んでいることを再認識したのでした。
[PR]
by Fujii-group | 2012-09-20 19:23 | 研究以外の日々 | Comments(0)

草刈りの被害

13号棟の裏山は夏になると、雑草が生えてくるので、大学側は定期的に草刈りをしてくれます。

今年の春に、教授がラボや各部屋に植木の桜を買ってくださり、その後13号棟の裏に植樹していたのですが、今回の草刈りできれいに刈られてしまいました。
刈られないように植木鉢で印をしていたのですが、周りの雑草があまりにも大きくなったためか、気づかれなかった・・・・。
b0136535_15252513.jpg

まだ根が残っているから、来年までには少ずつまた大きくなるはずです。
[PR]
by Fujii-group | 2012-09-08 15:31 | 研究以外の日々 | Comments(0)

 以前からジャーナルクラブで読んで発表したものをまとめて、ブログに掲載する、ということになっていたのですが、最近担当者がサボっているようで、まとめを書いてくれていません・・・・。

久々にM藤さん担当のジャーナルクラブのまとめを送ってくれましたので、掲載いたします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Complement c1q activates canonical wnt signaling and promotes aging-related phenotypes
Cell, Volume 149, Issue 6, 1298-1313, 8 June 2012

補体であるC1qが古典的なWntシグナルを活性化して、細胞老化や骨格筋組織の線維化を引き起こすことが報告されている。
 著者らは、高齢マウスや心不全モデルマウスの血清中にWntシグナルを活性化するタンパク質が含まれていることを発見し、そのタンパク質がC1qであることを質量分析によって明らかにした。
古典的なWntシグナルは、WntがFrizzled(Fz)とLRP5/6レセプターに結合することで活性化される。また、C1qはC1rとC1sとで複合体を作り、C1q→C1r→C1sの順に活性化することで、C1sがC4とC2を切断することが知られている。
本研究では、C1qがFz8に結合することを確かめ、さらにC1qと複合体を作っていると考えられる、C1sがLRP5/6を切断することでWntシグナルが活性化されると結論付けている。さらに、in vitroの実験系にてサテライト細胞にC1qを添加すると、細胞老化が起こることを確かめ、in vivoの実験系ではC1qノックアウトマウスにおいて、年をとっても骨格筋組織の老化現象である線維化がコントロールに比べて減少することを確かめている。
 本研究における新発見は、C1qがWntシグナルを活性化すること、それがC1sの活性化によってLRP5/6が切断されることで起こるということである。
[PR]
by Fujii-group | 2012-09-06 18:40 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

残暑

残暑が厳しく、涼しい部屋(注!人のために涼しいのではなく、機械のために涼しくしてます)で、実験しているほうが幸せな日々です。

夏休みに、甥っ子の自由研究に付き合って、実施した研究・・・

室内温度30度の時の次の場所の気温は?

1)ゴーヤカーテンの下
2)直射日光のあたる地面(土)の上
3)車の中
b0136535_1422334.jpg


実際には温度を測るために温度計をつくったりと、色々と工夫した研究なのですが、私はその測定温度に、ただ感心しておりました。

皆様、残暑が厳しいです。熱中症には気を付けましょう。


正解は
1)32度 2)50度  3)67度
[PR]
by Fujii-group | 2012-09-01 14:25 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30