<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雪雪雪


本日は4年に一回の2月29日。そして大雪。積雪量に関してはテレビの報道は かなり過小評価だと思う我々。本日はT木さんの日記ブログです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

T木です。今日の首都大は大雪です。
b0136535_20144745.jpg


朝から正門の雪かきが盛んに行われていました。
b0136535_2015479.jpg


今朝のニュースでは、

「東京 八王子市では5cmの積雪予報です。」と言っていたのに・・・

まんまと騙されて南大沢まで来てしまいました。

雪は昼過ぎまで降り続き、13号棟裏の積雪量24cm(眞鍋先生による計測・13時現在)。

学生さんが休み期間に突入しているため、校内は人通りも少なく、圧雪されてない場所がほとんどです。

ふわふわの雪ですが、さすがに、はしゃいでる学生の姿は見かけませんでした。

冬のはじまりの雪は心躍りますが、明日から3月。春目前にしてこの大雪はなんだか滅入ってしまいます。

ダメ押しされた感じです。

けれどこんな日は、実験室で「外はなんて寒そうなんだ」と窓の外を眺めながらながら、ぬくぬくと実験するのは少しだけ幸せです。

今シーズンの雪は見納めとなりますように・・・
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-29 20:15 | メンバーの日記 | Comments(0)

卒論発表会

本日は卒論発表会がおこなわれました。
先日のブログで卒論の練習時、炎上させなかったと喜んでいたI垣さん。その次の練習会で、案の定、教授の押してはいけないスイッチをいれてしまい、無事炎上しました?。誰もが通る道です。

 今日は、昨日修正された点を取り込み、無事発表を終えることができたようです。質疑応答は少し、頼りない所もありましたが、何とかこの一年間の研究発表をおえることができました!。
b0136535_20471588.jpg


夜のお疲れ様パーティーでは、指導教官の怪しげな顔入りタンブラーを記念にいただいたそうで・・・・
 でもこのタンブラー、先生の顔のみを、江戸時代の着物来た人と合成していて、本当に怖いです。本物を見たい人はI垣さんまで、きっと夜眠れなくなります。
b0136535_20484544.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2012-02-22 20:51 | 研究に関連する話 | Comments(0)

contamination

最近、ラボでは細胞へのcontaminationに苦労しております。

原因は色々と考えれられるのですが(この世の中には雑菌がいっぱいな上、ラボの改装でかなり培養室が影響を受けたことは否めない、またサテライトを扱い始めたことで、雑菌の持ち込みが多くなったのかもしれない・・・・)、これまで、コンタミ知らずだった私たちのラボとしては、危機的状況です。

 昨日は、私が、大切に育てた細胞が6枚もコンタミしているということが発覚し、むせび泣くしかないような状況に陥りました。本日は、その元の細胞がコンタミしていたことが発覚し、すべて廃棄です。我々は骨格筋細胞を扱っており、分化させた後はそれはそれは丁寧に扱い、休日も関係なくに毎日世話をしてあげているのに、これでは泣くしか方法がありません。

 最近、インキュベーターも乾熱滅菌し、アスピレーターも塩素消毒完了。クリーンベンチの中も、培地を放置してコンタミチェックしたのですがネガティブ。

細胞の扱いの技術だけは自信を持っていたのですが、がたがたと音を立てて崩れております。

 今後は、培養室の入室について、もう少し厳しくルール作りすることに決定しました。それにしても、ここ数週間、絶え間なく働いた私の休みを返してよ、雑菌たち!!
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-18 14:38 | 研究に関連する話 | Comments(0)

ラボのリモデリング(リフォーム)

藤井ラボは新装開店、とてもきれいになりました。ラボの変遷を見てください。
リモデリング前
b0136535_1833874.jpgb0136535_1834998.jpg








リモデリング中
b0136535_1872435.jpgb0136535_1873239.jpg








リモデリング後
b0136535_1892768.jpg
b0136535_189414.jpg



b0136535_1895766.jpg

この、モダンな配色!

ラボは、かなりの長い間、作業する(実験する)空間ですので(実験はすごく長い間かかるので、起きているうちのほとんどをラボ内で過ごすことがあります)、実験していて心地よい空間である必要があります。「汚い」は問題外です。日々、ラボに通うのが楽しくなるようなコンセプトでデザインや配色を考えてもらいました。

これで、最強のラボになりました。ちなみに、リフォームは和製英語なので、国際的に戦いたいラボとしては、英語のremodelingを使いました!!
みなさん、是非一度見に来てください。
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-16 18:14 | 研究に関連する話 | Comments(0)

甜酥餅


こんにちは。授かりもの係のY田です。
実験の関係で、藤井ラボに出入りすることになった中国人留学生のS様から中国のお菓子を頂きました!
甜酥餅と書いてあります。
b0136535_20302045.jpg

中国語がわからない私は、中国語学科の友人に解読を依頼しました。
「甜酥餅」 読み方はtiansubing(ティエンスービン)で、「パイのような焼き菓子」という意味だそうです。
食べてみると、サクサクした生地でとてもおいしいです。
めずらしいお菓子をありがとうございました。御馳走様でした。
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-15 20:30 | 研究以外の日々 | Comments(0)

M下の日記「ノートの使い方」

今回は、DコースM下さんのメンバー日記。とても参考になります。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

M下です。私は文房具、特にノートが大好きです。
ノートとは、あのノートです。複数の紙を糸や金具や糊で束ねた文房具です。
今回は私のノートの使い方について紹介します。

日々のタスク管理においてノートは必須のアイテムです。
その日にやることや実験のスケジュール、提出物の締切など忘れてはいけないことは書き留めるのが一番です。

特に実験をやっていると、ちょっとした気づきや、先生に言われたこと、キットや器機の使い方など、メモを取らないといけない場面に多く出くわします。
また、悩み、研究のアイデア、自己分析、なんとなく考えたことなど自分の頭の中で生まれたものは、雲のようにふわふわしています。自分で自分の考えを理解するためにはきちんと書き出して整理する必要があります。すぐに忘れてしまいますしね。

私は数年前から情報管理や自分の頭の中の考えを整理するためにノートを活用し始めました。

いろんなノートを試しました。
リングノート、スケッチブック、100均ノート、綴じノート、メモ帳、落書き帳

サイズもいろいろ試しました。
B5、A4、A5、A6、手のひらサイズ、トラベラーズノートサイズ(サイズの正式名称がわからない・・・)

書く内容によってノートを使い分けたりもしました。
ただのメモ用、頭の中を整理する用、実験用、日記用、タスク管理用、写真や思い出管理用、お絵かき用


しかし私の性格の問題か、きれいに系統だってまとめることができないこと、また、何をどこに書いたかわからなくなることが多く、最終的には1冊のノートにほぼすべてを書くことで落ち着いています。


【私の好みのリングノートと綴じノートについて】
リングノートはロールバーンのL版が気に入っています。
特徴は、ページ数が多い、紙がクリーム色で方眼、ベルトがついている、カラーがたくさんあって選ぶのが楽しい、ポケットがついていてシールや切手、証明写真なんかを入れられることです。
しかしリングが邪魔で結構書きづらいのが短所。
さらにリングノートの長所でもあるけれど、ノートがちぎれやすくて、ガサツな私には向いてないみたいです。


綴じノートは生協の分厚いA4サイズが気に入っています。
コクヨのcampusノートでもいいけど、耐久性とページ数、紙質では生協ノートに劣ります。
サイズに関して、B5だと1日のタスクやメモを見開き1ページにおさめることができなくて何ページも使ってしまうことになりますが、A4だと割と大きな字で書いてもたくさん書けるし、図も入れられ、印刷物を貼ってもはみ出ることが少ないです。総合してバランスがとりやすいと感じます。
バッグに入れるには大きすぎるけど、コスパは高いと思います。



【ノートの使い方について】
ノートにはまず表紙に、使い始めの年と月、名前、何冊目かを書くようにしています。
b0136535_8265147.jpg

そして使い終わったら使い終わりの年と月を書きます。これだけでも後で確認したい情報が探しやすいです。
私は昔やったことを確認したいときがあり、よくノートを見返します。
ざっくり大事なことだけでも、何が書いてあるかを表紙の内側に箇条書きしておけばなお探しやすいと思います。

朝大学に来たらまずノートを開きます。
左上に日付と曜日を書き、その日にしなければならないことを書きだします。
空いたスペースに考えたことや、後日やらなければならないことなどのメモを書きます。


日付が変わったら余白があっても必ず新しいページから始めます。
後で見返す時に日付で区切りがはっきりしてわかりやすいからです。

また、基本的にきれいに書こうとはしません。
とにかく書く。何でも書く。基本的に見るのは自分だけなので、きれいに書くのは実験ノートに後でまとめるときか、残したい情報はPCに打ち込んで印刷すればいいのです。
きれいに書くことにとらわれて大事な情報を逃してしまう方が怖いと思います。


そして最後に、使い終わったノートは捨てない。b0136535_8272075.jpg
これは知的財産の詰まった宝物です。

私は4月からこのラボにきて今3冊目のノートを使っています。だいたい1年でA4ノート3~4冊のペース。

ナンバリングして、数年は保管します。
後でかならず役に立つときが来ます。


【追記:筆記具について】
ノートとセットで使う筆記具も使いやすいものを選びます。
私は黒、赤、青の3色ボールペンを2種類使っています。
JETSTREAM 0.7mm(油性)と、HI-TEC-C coleto 0.4mm(水性)です。
(一応断っておきますが、最近はやりのステルスマーケットじゃありません。)
特に使い分けはしていませんが。紙によって書きやすい方を使っています。
毎日使うので替え芯をストックしています。
もはや替え芯のストックがなくなると不安でそわそわしてしまいます。
毎日書きたいと思えるものを見つけてください。
これはノート術を続ける上で意外と大事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ノートの使い方、手帳管理術に関する書籍は巷にあふれています。
どれが自分にとって最も楽か・・・正解はありません。本に書いてあるからいいというわけではありません。きっと合う合わないだと思います。
自分に合う方法を見つけてみなさんも素敵なノートライフを送ってください!
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-14 08:28 | メンバーの日記 | Comments(0)

4年生I垣さんの日記

年度末は色々と忙しくてブログの更新が少し遅めですが・・・・。
今回は4年生のI垣さんの日記です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 先日、ラボミーティングで卒業研究発表会の練習をさせて頂きました。自分はラボミーティングで発表すること自体が初めてで、いつにも増して緊張してしまいました。無意識にため息が出てしまうぐらいです。教育実習の時もかなり緊張しましたが、比じゃありません。そういえば、ラボミーティングに初めて参加したのもちょうどこの時期でした。一つ上の先輩方の卒研発表練習に参加し、自分もあの場で発表する時が来るのか・・・と最初から不安になったことを覚えています。今でも不安ですけどね・・・。
 練習を終えて、とりあえず、炎上しないでよかったなと一時の安心感を得ました。自ら図ってミーティングを炎上させるという荒業をもつ先輩もいますが・・・自分はまだまだですね。
 プレゼンって、難しいなと改めて実感しました。限られた時間で自分が言いたいことを分かりやすく伝える。言いたいことを簡潔明快に。言うのは簡単ですが、なかなか・・・何度も直していかないと、見えてきません。道のりは長いです。
 でも、何事も経験だと思うので、頑張っていきたいです。
 練習に勝るもの無し!
 最後に、発表練習の場を作って頂いて、ラボの皆様には心から感謝しております。ありがとうございます。
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-10 19:25 | メンバーの日記 | Comments(0)

論文アクセプト


今週は、特任助教の井上さんの論文がアクセプトされるという朗報がとどきましたので、先日のミーティングで藤井教授が、皆さんに(いや、井上さんのために)ケーキをかってくださりまして、皆で美味しくいただきました。


b0136535_19113993.jpg



ちなみに論文は
” Visualization of dynamic change in contraction-induced lipid composition in mouse skeletal muscle by matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry”というタイトルで、Analytical and Bioanalytical Chemistryという雑誌に掲載予定です。
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-02 19:12 | 研究に関連する話 | Comments(0)

Tシャツ


藤井ラボは首都大学東京 人間健康科学研究科、ヘルスプロモーションサイエンス学域という非常に長い名前の部署に所属しております。

所属の学生同士で団結力をつけようと、学生さんデザインのヘルスプロモーション学域オリジナルTシャツが出来上がりました。


b0136535_19472846.jpg


あっ・・・・でもなぜ、カンガルーのデザインなのかを聞くの忘れました・・・。
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-01 19:52 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧