<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬本番


寒い日が続いております。昨晩から関東は激しい雪が降り、もちろん、ここ南大沢ではテレビの報道以上に雪が積もりました。辺り一面銀世界です。
b0136535_1823525.jpg

そして、今年も学生さんたちが、雪だるまをを作ってくれました。
今年は女性作ですので、形もサイズもかわいいです。
b0136535_18233888.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2012-01-24 18:24 | 研究以外の日々 | Comments(0)

修士論文 発表会


 本日は、学域の修士論文 発表会がありました。2年間やってきたことの発表なので、色々と感慨深いものがあるかと思います。最近の学生さんたちをみてよく思うことは

(1)修士課程は、表面だけ良い結果を出したように見せて、中身がスカスカであるよりも、失敗して考えなおして試行錯誤し、論文には程遠いけど、それをまとめることができる力が付いた方がよいこと。

(2)研究をしているとはいえまだ未熟なんだから他人の意見は聞き入れよう!

ということでしょうか?

本当は、言いたいことは100ほどあるけど・・・・・。まあ、我々教員もきっとそのころの先生に思われていたことなのでしょうね。

みんな頑張ってください。
[PR]
by Fujii-group | 2012-01-21 16:10 | 研究に関連する話 | Comments(0)

「恐れてはいけないんだ」 藤井宣晴

新年早々、当番が回ってきた教授のブログです。ハロウィーンの仮装の謎がようやく解けました。
深い・・・・・

****************

昨年の日本細胞生物学会で面白い特別講演に出会った。Nature Cell Biologyなどを中心に活躍するDr. J. Victor Small(オーストリアInstitute of Molecular Biotechnology)の、「Navigating a way through the scientific jungle; a personal account」という講演。内容は、「科学者として生きるために必要なこと」「研究室(研究グループ)の運営の仕方」などについて。アメリカにいた頃は大学がこの類のセミナーを頻繁にひらいてくれたが、日本の大学はまずやらない。

若い研究者とその卵たちに発せられるDr. Smallのアドヴァイスは、きわどい具体性があり(必要な者・物、不必要な者・物がきちんと提示され)、希望に満ち(サイエンスへの敬意と信頼が備わり)、しかもウィット(日本では四葉のクローバー並みの存在)に富んでいた。詳細はいつか紹介したいが、その1つに「Don’t afraid to test your crazy ideas」があった。

科学誌Natureが1849-1953年に掲載した記事・論文をまとめ、さらに関連するトピックを盛り込んで出版したBeside Natureという本に、こんな写真が載ったページがある。
b0136535_19263251.jpg
Francis Galton (1822-1911) という多才な研究者が、実際に考案し特許まで得た換気装置つきのおかしな帽子。。。頭を冷やしてリフレッシュできる機能を備えた帽子だそうだ。Dr. Smallは講演の中でこれを紹介したうえで、「クレージーなアイディアの検証を恐れてはいけないんだ」と呟くと、自作の“Galton Hat”を傍らから突然取り出しかぶって見せた(これは講演終了時に彼が請われて写真撮影に応じている様子)。
b0136535_19274553.jpg
ウィットの効いた話がひとしきりした頃、「ところで、誰かこの帽子がほしい人はいるかい?」とたずねる。迷わず手を挙げると、「じゃあ、これは君のものだ」。こうしてDr. Smallのお手製Galton Hatは、わたしのオフィスに飾られることになった。
b0136535_1927033.jpg


この年のハロウィーンはGalton Hatの衣装に決めた。ところが、学会から戻って、Dr. Smallの講演メモに残したキーワードで検索するも、あの帽子にまつわる情報に行き当たることができない。じつは、Beside NatureもFrancis Galtonも後日に知ることとなるワード。情報を手繰り寄せることができずにいたのは、原典がNature誌にあると思い込んでいたからなのだが、講演メモと自身の記憶では事を打開するに至らなかった。

どうする?。
本人に直接たずねるか。

面識といえば、あの学会のあの瞬間でしかないDr. Smallに、メールを送った。「ハロウィーンのコスチュームという馬鹿馬鹿しいことのためにメールを送るのはcrazy ideaだと理解しています。けれども、その検証を恐れてはいけないことを、わたしはあなたの講演で学びました」

驚くほどすぐに、詳細を説明するメールが、添付資料つきで返ってきた。メールの最後には、「Good luck with your new lab. Vic.」とあった。

http://www.imba.oeaw.ac.at/research/vic-small/
[PR]
by Fujii-group | 2012-01-16 19:29 | メンバーの日記 | Comments(0)

書初め

2012年になりました。本年も藤井ラボ一同よろしくお願いいたします。
例年通り、藤井ラボではそれぞれ1年の決意を書初めして、皆で写真を撮りました。
b0136535_2182553.jpg


 勢、走、動、など力強い言葉から、一心不乱、心機一転など決意を示す四字熟語、集中、効率、自立、感謝、柔軟、平衡を保つ、一つ一つ丁寧に、など自分を戒める言葉から研究?という単語まで色々とありました。


 皆さんの決意が一年間続きますように。
[PR]
by Fujii-group | 2012-01-11 21:13 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧