最近、ラボのメンバーがまめに日記を書いてくれますので、ご紹介。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最近ますます冬らしく冷え込んできた今日この頃、皆さん元気にお過ごしでしょうか?

 私たちの研究室では、先のブログ記事にもありましたように毎年恒例シークレットサンタが21日に行われました。個人的には3回目の参加なので私があげたものがばれてしまうようなボロは出しませんが(F教授のかまかけにも全く動じません)、かといって警戒し過ぎて自由にしゃべれないのがもどかしく感じた今回のシークレットサンタでした。
 
 先の記事にあるようにミーティングで話し合いの上、誰が誰にあげたのかを一応決定しましたが、当然個人的な見解は違うのでM武が推理した結果を今回の日記とさせていただきます。
 
F教授 手作りジンジャーシロップ。この冬を風邪をひかずに乗り越えられますようにと。
→皆の意見ではリアクションよりO野確定とされましたが、私はM助教からだと
思います。O野君はたぶんそこそこいい蜂蜜は使わない気がしたので女性かと。

M助教 猫マッサージ。人体解剖図を用いたツボ刺激図付き。この図よりある程度プレゼンに慣れた人物→M1除外。となり、人体解剖図の筋肉からM武となりましたが、3回目のM武がそんな安易な発想にはならないので、色々推理の上、消去法でT木さんです。
 
T村さん ペア竹カップ。パートナーの方との事で2つセット。明らかに2年前のK村  さんへのF教授(確定)からの竹カッププレゼントを目撃していた人物(M助教、M田さん、M武、M藤(M教授を除く))のうちのだれか。→M藤さん。私にはM藤さんの動揺が見てとれました。

M田さん ききビールセット。眞鍋先生のききレーズンザンド、ききチョコレートに次ぐ感じのビールセット(4本)。文章や評価表など眞鍋先生様式→N村さん。何事も準備周到なN村さん、朝までよく頑張ったね。

I上さん くるりグッズ。ミュージシャンのくるり好きのI上さんあて。しかし、狙ったようにくるり違い(クルミも入っていた。)色からビニールテープはラボのものではなく、業務に使うものを使用?同じ会社のI上さんの知り合いの方にリサーチ?→T村さん。

T木さん アルバム。ハロウィン時のT木さんアメリカ人仮装の写真入り。(アメリカンに加工されている。)→I上さん。発言よりあまりかわいいかわいいしたプレゼントをあげていないと思われることと、文章がI上さんっぽい。

M武 ランチポット。特にメッセージカードなどなし。ビギナーか?→ここが一番難しいところでO野かS岡のどちらか。M下さんへのプレゼントもどちらかで、M下さんの方がO野っぽいのでS岡。

M藤さん ペアマグカップ。まだ入試終わっていないにも関わらず「博士後期課程進学おめでとうございます。」手書きの長い文章。筆跡を隠している風でもない。代筆?
→M武っぽい。筆跡がばれないようにと母親に代筆してもらったのがあだとなった?

M下さん お菓子作りセット。お菓子作りがとくいなM下さんあて。メッセージなし
宛名直筆。筆跡隠す跡なし。→O野

O野君 自転車用の指先が開いたモンベルの手袋。メッセージなし。
→I垣さん。ビギナーっぽいのと色つきホッチキス使用が決めて。

Y田君 ツーリングコースファイル。ファイリングされたオリジナルツーリング案内。穴パンチの位置が雑。イエローのインクが薄い→教授室のプリンターのイエローインクが切れてきている。プレゼント開く時、この時だけF教授コメントなかった。
→F教授。一番付き合いの長いM助教が真っ先にF教授だと言っていたのも推理の裏付けに。   

S岡君 自転車用ライト。メッセージカードにコメントを入れてプリントして貼り付け
→消去法でY田。メッセージの内容的にもY田でおかしくはない。

I垣さん トング。一人暮らしを始めたI垣さんに。
→M下さん。皆は英語のメッセージに騙されてI上さんからとしていたが、メッセージの内容的にはI上さんよりM下さんっぽい。

N村さん クロックス用ライト。クロックスの穴にはめるライト。N村さんのクロックスには穴が開いていないことに気づいていない人物。
→すれ違うだけが多いM田さん。

こんな感じです。私としては結構当たっているんじゃないかと思います。この文を見て、なんとかやり過ごしたと思っている人があせっているのが目に浮かびます。ただ結局推理しても答えが分からないのがはがゆい感じがするので一年後のクリスマス会で答えを発表ほしい!!と思ったりしますが。皆さんはどう推理したでしょうか?
[PR]
by fujii-group | 2011-12-26 18:45 | メンバーの日記 | Comments(0)

メリークリスマス

藤井ラボからメリークリスマスのプレゼント。

Search "Let it snow!" on Google!
[PR]
by Fujii-group | 2011-12-25 16:16 | 研究以外の日々 | Comments(0)

忘年会&クリスマス会

 昨日は、ラボの忘年会&クリスマス会でした。クリスマス会は、先日のM藤さんのブログにあったようにシークレットサンタのイベントで、例年のごとく盛り上がりました。今年はいつもより人数も増えたため、誰が誰のシークレットサンタであるかが非常に難しかったのですが、会の後2時間のラボミーティングによりプレゼントを詳細に検証して、誰がどのプレゼントを挙げたかを一応決定しました。
b0136535_1902348.jpg

 でも、どうやらこれは外れているらしい。N村さんが朝までかかってプレゼントを作ったのに、誰も気づかず、簡単に買えるプレゼントをあげたことに決定されていて、かなり落ち込んでたという噂です・・・。

みなさん素敵なプレゼントをありがとうございました。
[PR]
by Fujii-group | 2011-12-22 19:03 | 研究以外の日々 | Comments(0)

先週のラボミーティングの論文紹介、分泌経路の複雑な話をきちんとまとめてくれました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Cell. 2011 Sep 2;146(5):746-60.
Rescue of DF508-CFTR Trafficking via a GRASP-Dependent Unconventional Secretion Pathway
Heon Yung Gee, Shin Hye Noh, Bor Luen Tang, Kyung Hwan Kim,and Min Goo Lee,

この論文は、嚢胞性線維症 (cystic fibrosis)というコーカサス系の白色人種間にきわめて高頻度にみられる致死的常染色体劣性遺伝性疾患に注目し、その原因遺伝子であるcftr (cystic fibrosis transmembrane conductance regulator)の508 番目の phenylalanine の欠損変異 (ΔF508 CFTR)について調べている。CFTRはcAMP依存性のCl-チャネルとして細胞膜で働く。ΔF508 CFTRは小胞体からゴルジ体に輸送されずに細胞膜で機能することができないということが知られている。しかし、2009年にLuoらによってΔF508 CFTRがUnconventionalな経路で細胞膜に輸送されることが報告されたため、著者はこのUnconventionalな経路による輸送がどのように起こっているか検討している。
 著者たちは小胞体、ゴルジ体間の輸送を阻害し小胞体ストレスを過剰に起させるとΔF508 CFTRが細胞膜に輸送されることを発見した。また、ΔF508 CFTRは膜に輸送されれば変異があってもCl-チャネルとして機能することを確認した。そして、ΔF508 CFTRの細胞膜への輸送は、CFTRとGRASPが相互作用することによって行われていることを発見した。具体的には、CFTRはC末端にある4アミノ酸でGRASPのPDZドメインと接合し、GRASPの441番目のセリンがリン酸化されることでUnconventionalな経路による輸送が起こることが分かった。またこのシグナリングの上流ではIRE1αというUnforided protein responseに関わるタンパク質が働いていることが分かった。
さらに、通常寿命が短い、ΔF508 CFTRトランスジェニックマウスにGRASPを過剰発現させると寿命が通常マウスと変わらなくなることを確かめた。
これらの結果から、著者らは将来的に嚢胞性線維症に対する治療として、GRASPを過剰発現されることを考えているようだ。
[PR]
by Fujii-group | 2011-12-17 11:42 | ラボミーティングの内容 | Comments(0)

ツリーに怪しい人影

13号棟のクリスマスツリーは見てきれいなだけでなく、良いこともありますよ。
うちのラボの専属カメラマンM下さんからの、素敵な写真とブログ記事。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今日、13号館のツリーに人だかりができていました。
b0136535_11373066.jpg

近づいてよく見てみると…
b0136535_1138343.jpg

なんとジンジャークッキーが飾ってありました。
M助教の素敵すぎる演出に心がほっこりなっていたところ、ツリーに近づく怪しい人影が…。
b0136535_11375210.jpg

こうしてジンジャークッキーはたくさんの泥棒たちの胃の中へおさめられていったのでした。(とってもおいしかったです!)
b0136535_11381189.jpg

クッキー泥棒をしに13号館へ寄ってみてはいかがでしょう?
[PR]
by Fujii-group | 2011-12-17 11:40 | メンバーの日記 | Comments(0)

来週月曜日、独り占めセミナーを開催いたします。
詳細は以下の通り。

2/19 17時30分より(9号館中会議室))
第16回 道川祐市先生 (放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センター)
「受精とミトコンドリアと老化と癌と放射線感受性と被ばく再生医療:
筑波大学野球部日本一から大学院、カルテク、福島原発への25年」

今、話題の放射線に関する内容ですので大変興味深いですね。

会場の都合上、参加される方は、藤井または眞鍋までメールいただけますと幸いです。
[PR]
by Fujii-group | 2011-12-13 19:22 | お知らせ | Comments(0)

教授の報告

 今回は教授から、ブログが届きましたのでご紹介。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

先日の土曜日に、八王子セミナーハウスで行われた、生命科学コースの研究紹介・座談会に参加してきました。本年度は教員による研究紹介発表に対して、学生の投票で決まる4つの賞が用意されていて、わたしは見事、以下の賞をいただくことができました。 
b0136535_20142842.jpg


「爆笑」と「爆発的なショー」と「○○賞」の3つが掛かったタイトルです。賞状もなかなか凝っていますね。とても嬉しい受賞でした。

ところで、賞状の右下にのぞく怪しい物体、なんだか分かりますか?。じつは、いただいた賞についてきた景品です。会の主催者であるO本さんとA木さんは東急ハンズで購入したサンタクロースと主張しますが、その怪しげな風貌とすすけた体裁のため、「多摩川に流れてきたのを拾ったのでは」という疑惑の声もあがりました。そういえば他の受賞者の景品はしっかりラッピングされていましたが、わたしの場合は封のされていない袋(これみよがしに東急ハンズの!)に裸でポンッと入れられているだけでした。。。 
b0136535_20141160.jpg


座談会では、このサンタクロースの生い立ちや、現在おかれている状況、そもそもあなたはサンタクロースなの(帽子はどこよ)、などの議論で盛り上がりました。「ロシア生まれ」「服を脱ごうか脱ぐまいか逡巡している」「髭のように見えているのは実は帽子」「お腹が出てるのはメタボではなく、煙突を抜けるときプレゼント袋を衣服の下に隠したから」など議論と邪推が果てることはありませんでした。なんとか手がかりを得ようと人形の隅々まで精査したのですが、「Made in XXX」とか「○○社」とか、普通ならありそうな情報さえ見当たらないので、真実は未だ闇の中。

彼(?)は現在、13号棟のクリスマス・ツリーにオーナメントとして加えられ、異彩を放っています。みなさん一度、様子を見に訪れてみてください。もし謎を解くことができたのなら、ぜひコメントください。 
b0136535_2014437.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2011-12-12 20:15 | メンバーの日記 | Comments(0)

 メンバーの日記、M藤さんから届きました。毎年行われているラボのクリスマスパーティー&忘年会についての紹介です!。今年も、もちろん行います。すでにくじ引きは行われました。今年は誰があなたのシークレットサンタでしょうか?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 もうすぐクリスマスの時期ですね。皆さんはクリスマスをどうお過ごしでしょうか?
我がラボでは、毎年クリスマスパーティーを行っています。そのパーティーのメインイベントがシークレットサンタです。
 シークレットサンタとは、プレゼント交換なのですが、分かっているのは自分が誰にプレゼントをあげるのかということのみ(くじ引きで決定)で、他の情報は全てシークレットになっています。したがって、パーティー当日に自分が貰うプレゼントは、誰が何を考えて用意してくれた物か一切分からないようになっている・・・・・はずなのですが、そこには選んでくれた人の隠しようがない人間性が出てしまうのです。それを感じ取り誰が誰に宛てたプレゼントなのかを推理するのがこのシークレットサンタの醍醐味です。上級者になればなるほど手の込んだ罠を仕掛けてきて、皆の推理を撹乱させます。意地が悪いですね。
あつつと、失敬。たぶんあれはパーティーを盛り上げようと一生懸命考えた結果なのだと思います。
とにかく一度やってみるととても面白いですよ。
 もし、これを読んでシークレットサンタをやってみたいと思った方の為に方法を載せます。
シークレットサンタを成功させるためのプロトコル
1.参加メンバーを揃える
  どんな物が好きかやどんな性格かなどをお互いにある程度知っているメンバーが良い。人数は10~25人くらいが良い。あまり多いと推理が大変で嫌になってしまう。少ないと、すぐに分かってしまう危険性がある。
2.くじ引きをする
  自分の名前を引いてしまう可能性があるので、くじを引いたら誰にも見られないように確認し、もし自分の名前だったら引いたくじを戻して、新たに引き直す。
3.プレゼントは1000円以内で用意する
  もちろん手作りもOK。むしろ手作りの方が喜ばれる。どこからか、竹を切ってきてグラスにしてプレゼントをしても良い。ただし、家にあったからという理由で金額以上のたこ焼き器をプレゼントするのはNG。
4.プレゼントの回収
  事前に、プレゼントを集める場所を決めておき、そこに誰にも見られないようにプレゼントを置く。プレゼントには誰宛かのみ記載するようにする。
5.シークレットサンタ開始
  パーティーの司会者が頃合いを見て、プレゼンを発表していく。推理開始。
以上です。楽しいクリスマスをお過ごし下さい。
[PR]
by Fujii-group | 2011-12-11 17:20 | メンバーの日記 | Comments(0)

今年もクリスマスの時期になりました。
例年のように、13号棟のロビーには立派なクリスマスツリーが出現しております。

b0136535_1951576.jpg

[PR]
by Fujii-group | 2011-12-02 19:51 | 研究以外の日々 | Comments(0)