<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第三回独り占めセミナー

今年度も残すところあと数日となりましたが、今年度最後の運動生化学独り占めセミナーを3/31に開催することになりました。
これまでは、「独り占めセミナー」という名のもと、事前のお知らせはしていなかったのですが、今後、このようなセミナーの数も増やし、さらに充実していきたいために、事前にお知らせすることにしました。もし、聞いてみたい!と思った方はぜひ参加してください。「セミナー途中で質問があれば中断あり」という気軽なセミナーですので、単に聞くだけの受動的なセミナーよりも為になります!!
今回のタイトルは以下の通りです。

第三回 土屋美穂(群馬大学大学院医学系研究科 生体調節研究所 分泌制御分野)
「コレステロール合成経路中間体が膵β細胞のインスリン分泌と分泌顆粒形成を増加させるメカニズム」
2009年3月31日 16時30分より13号棟2階資料室にて

今年度開催したこれまでのセミナーはこちら
[PR]
by fujii-group | 2009-03-30 09:19 | お知らせ | Comments(0)

卒業式

3月23日に首都大学東京の卒業式が行われました。我々のラボからも、学部四年生の桶田さんと中野さんが無事卒業することができました。二人の、華やかな羽織袴姿をみていると、本当にこの一年間よく頑張ってくれたことを思い出し、感無量。二人は今後、社会人として、または自分の夢を実現するために再び勉学の道へと、それぞれの方向へ進みますが、二人ならどこへ行っても大丈夫。我々は、二人が藤井ラボの卒業第一期生であることを、本当に誇りに思います。この一年本当にありがとう。そして、今後のさらなる活躍をお祈りしております。

b0136535_19122265.jpg

[PR]
by fujii-group | 2009-03-26 19:13 | 研究以外の日々 | Comments(0)

研究費に関するあれこれ・・・

 研究には当然のことながら、多大な資金が必要です。そのお金は大学がすべて支払ってくれる・・・という甘いものではありません。大きな研究をしたければ、それなりの費用も必要で、その費用は自分で獲得する必要があります。そのために、さまざまな研究助成へ申請し、自分の研究の重要性をアピールします。そして、「採択」されれば助成がうけられます(採択率は数%から多くても20%くらいでしょうか?)。助成金額も様々ですが、額が大きくなればなるほど、過去の研究成果量が重要視され、若手には非常に難しいのです。若手は小さな助成金をこまめに応募して、何とか生き延びていくしかありません。
 
 最近では大手企業が研究のための助成財団を設立し、我々研究者に様々な形で貢献してくださっております。我がラボも現在、二つの財団からの助成金をいただけることになりました。これらの助成金は、大切に使わせていただこうと思っております。何しろ試薬100マイクロリットルで5-10万円するものもある世界ですので、本当に大切に使わないと、あっという間になくなってしまいます。

その一方で、どう考えてもおかしいシステムもあります。
 それは、公的機関にある予算の使い切り。その年度の予算はその年度内に使い切るという基本概念により、非常におかしなことになっております。大学の先生方皆さんが、不思議に感じていることなのになぜ、いまだに解決されないのかが謎で仕方がありません。特に科研費(文部省から出ている科学研究費、これも全員ではなく、申請書が採択された研究者だけがもらえるお金です)は単年度ごとに予算が決まっているので、1年目の予算は1年目に0円にしなければなりません。まだ大学の予算使い方に経験の浅い管理人にとっては、このような使いきりに意味があるとは思えないのです(もし意味があるなら誰か教えて下さい)。たとえば、37円余り、それを0円にするために、1個単位でクリップを買うことにどのような意味があるのでしょう?これが、国民の税金から得た研究のための予算の使い方として正しいことなのでしょうか?研究者の予算の不正(不正というより使い方を間違えたとか、予算の使用を縛りすぎているためにおこった不正が多くあります)を暴く前に、このようなどう考えてもおかしい予算の使い方を正すことから始めていただけないのでしょうか?

 このようなおかしなシステムを、どこにどうやって訴えれば改善されるのでしょう?まだ若手の管理人には無力ながら、この場で訴えさせていただきます!!
[PR]
by fujii-group | 2009-03-19 18:11 | 研究に関連する話 | Comments(0)

分子骨格筋代謝研究会のお知らせ

本日は研究会のお知らせです。

このたび、京都大学 林先生を中心とした先生方で分子骨格筋代謝研究会が
発足され、第一回大会が3/28(土)に京都大学で開催されることとなりまし
た。
日本で骨格筋の代謝について研究しているグループは、糖尿病や体育関連、分子生物や生理学など多方面の学会で活躍されているのですが、日本では骨格筋の代謝を中心としたグループが揃って議論する学会がないため、このような研究会の発足となりました。
第1回大会のプログラム詳細は以下のようになりますので、興味をもたれた方は是非ご参加ください。

プログラム詳細はこちらから
[PR]
by fujii-group | 2009-03-11 18:53 | 研究に関連する話 | Comments(0)

春は・・・

春は別れと出会いの季節です。学生の卒業、定年退職される先生や、大学を異動される先生もおります。

我がラボが所属しているヘルスプロモーションサイエンス系 適応科学分野では池川先生が4月から他大学へご栄転されることになりましたので、少し早めの送別会&お祝い会を兼ねて分野の先生方で食事に行ってきました。
b0136535_2065618.jpg
池川先生のご専門はバイオメカニクス・トレーニング科学で、私たちとは少し離れた分野なのですが、我がラボの藤井教授と共通の専門分野をもっております。それが「メジャーリーグ」。お二人の会話はとても専門的で(専門分野ですから当然??)、他の人は、バニーウィリアムズときいて「バニー?ウサギ?」「ウォーリーを探せの話?」など、だれもついていけませんでした。
 お店は、景色もよく(新宿のとあるビル49Fです!)、料理もおいしく(写真はうさぎ)、とても雰囲気のよく、皆で池川先生と楽しい時をすごすことができました。b0136535_206324.jpg



池川先生は、首都圏内の大学に移られますのですぐに会いにいくことができます。今後とも研究だけでなくメジャーリーグ談義でうちのラボともつながりが続くと思います。池川先生の今後のご活躍期待しております!
[PR]
by fujii-group | 2009-03-06 20:10 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々


by Fujii-group
プロフィールを見る
画像一覧