<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雛祭り

3月3日は「桃の節句」、いわゆる「雛祭り」です。現在では、雛祭りは雛人形を飾り、お寿司とハマグリのお吸い物、甘酒と雛あられなどを食べる・・・というのが一般的な認識だと思いますが、昔は「健康と厄除け」を願った一種の儀式でした。
b0136535_18443794.jpg

では、「ひな祭り」とかけて、「運動生化学研究室」とときます。そのこころは?
  「健康祈願」
 
科学技術が進み、さまざまなことが解明されつつある現代、ひな人形に無病息災を願いながら、美味しいものを食べて寝ていては健康になれないことは皆さんご存知ですよね??ただし、ひな祭りの食事は脂分も少ないですし、それほど悪いものではありません。
例えば・・・ちらし寿司-約600kcal すまし汁-約50kcal
(大きさや量により簡単に100kcalくらい変わりますので、あくまでも目安)。

「雛祭り」の無病息災行事に欠けているもの、それが「運動」です。
ひな祭りを祝いながら運動を加えると、健康になれるに違いありません。

では、なぜ「健康のために運動が必要か?」についての明確な答えは、1年後の我々のラボの成果にご期待下さい。決してひな祭りの誓いを裏切りませんから。
[PR]
by fujii-group | 2009-02-27 18:52 | 研究以外の日々 | Comments(0)

卒業研究発表会

2/17は理工学の生命科学コースの卒業研究発表会がおこなわれました。生命科学コースから卒業研究で我がラボに配属していた桶田さん、中野さんの発表が朝10時トップバッターで行われました。この発表のために、何回も発表練習をしていたせいもあって、立派に発表しておりました。b0136535_20504914.jpg
b0136535_20513069.jpg2人はこの一年間で驚くべき成長をしてくれ、最後の発表会でこのように立派に発表できたこと、とてもうれしく思います。我がラボはまだ発足初年ということもあり、はじめの数か月は研究すらさせてあげられず、また、当初計画とは異なった方向の研究になったりと不自由をかけたこともありましたが、よく頑張ってくれました。教授もいっておられましたが、「二人の素晴らしい点は結果に正直で、他の意見をきちんと受け止め、自身で考えていたこと」と。その通りだと思います。決して嘘をつかず、結果に言い訳をせず正直なことで、私もずいぶん納得させられました。どんなに偉くなっても、年をとってもその気持ちを忘れずに、それぞれの道を歩んでください。一年間お疲れ様でした。
[PR]
by fujii-group | 2009-02-20 20:53 | 研究に関連する話 | Comments(0)

チョコレート

2/14はバレンタインデーでした053.gif。研究とは全く関係なく、まあ消費拡大のお祭りの一つですが、経済が不活性状態の日本では何はともあれ、消費意欲が湧くイベントというのは、まわりまわって研究費の増加にもつながるかもしれないので、良しとしましょう・・・

さて、そのチョコレートに関する研究で1996年に面白い研究がNature誌に出されております。それによると・・・欧米の方ではチョコホリック(チョコレート中毒)という言葉があり日本など比にならないくらい、チョコレートの消費が多いのです。これに注目した研究者が「チョコレートのカカオ成分の中に何か、食欲を刺激するような?または一回食べたらまた食べたくなるような成分が含まれているはずだ・・・」ということで、検討した結果、アナンアミドというカンナビノイドの一種を見つけたのです。カンナビノイド類というのは、一種の脳内モルヒネのようなもので、報酬効果に関係しているといわれています。

 もっと簡単にいえば、我々の脳にはかなり弱い麻薬のようなものが作られており、それが痛みを和らげる効果があったり、おしいものを食べた時、幸せ!もっと食べたい!という感覚を生んだりする作用があります(ちなみに麻薬などの薬は脳内モルヒネに似た構造のために、それを高濃度で摂取することで強く作用し非常に危険なのです。我々の体内で作り、体内で作用するものは微弱なもので、我々が普通に生きていくためには必要だから備わっているものです・・・)。

 チョコレートは非常に微弱な、脳内モルヒネ用のものが含まれているから、一回好きになると、なかなかやめられないのではないか?という論文でした。その後、別のチームから、「いや同様の物質はミルクなどにもっとたくさん含まれているのに、ミルクはチョコレートのような効果はないではないか!」という反論もあるため、たとえ含まれていたとしても、それがどの程度脳に作用しているかどうか不明です。しかし、我々が食べる市販のチョコレートは、油も砂糖もたっぷり添加されており、油も砂糖もばっちり脳内エンドルフィン(脳内モルヒネの一つ)の産生を促すので、それだけでも食べたいという刺激物質としては最高ですね・・・

皆さん食べすぎたら、頑張って運動して、骨格筋でエネルギーを消費しましょう。
[PR]
by fujii-group | 2009-02-15 14:38 | 研究以外の日々 | Comments(0)

年度末のイベント

大学は年度末になると様々なことに追われて、皆大忙しです。たとえば…
(1)卒業・修士論文など発表会
 間もなく修士課程を終える学生さんは、研究したことをデータにまとめ、皆の前で発表し、そして、その内容を論文にまとめます。2年間となると多量のデータがあります。その中から、研究ストーリーとして第三者が読んで、聞いてわかりやすいように、まとめます(大変な苦労です)。学生さんの顔つきが変わってくる時期です。

(2)テスト&入試シーズン
 先生方は、センター入試から大学入試、大学院入試といろいろあり、また後期授業のテストなども重なり頭がパニックに陥ります。

(3)会計の締め
 大学の予算は4月から3月までの一年間で組まれております。5年プロジェクトなど大きなプロジェクトにあたっていない限り、年度内の予算は年度に使わなければなりません。我々のラボは今年は大きな予算にあたっていないので(来年は多分・・いや絶対にあたります!)、ほとんど残っていないのですが・・・。それでも、節約に節約を重ねて最後まで残しておりました予算を、使うべき時がやってきました。そのために先生方、事務の方、皆、お金の計算に必死です。大学は公的な機関ですので、お金の管理や、使用は非常に厳しく、そして、日本独特のRed Tape(意味はそれぞれ調べてください)のため、書類作成がほんとうに大変です・・・。支払相手が公的な機関であればあるほど、こちらのルールと相手のルールがあるため書類が倍増することもあります。

 年度末は、大学全体がいらだつ033.gif時期かも知れませんが、そんな時は、美味しいもの食べて、そして骨格筋動かして(運動して)リフレッシュしましょう・・・066.gif
[PR]
by fujii-group | 2009-02-04 19:12 | 研究以外の日々 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28