卒研生部屋の日常

B4のU田です。今回は少し卒研生部屋の日常を紹介します。
4月から13号館に来て8ヶ月が経ち、あっという間に冬の季節となりました。
3年生まであまり関わってこなかった4人(運動分子3人、行動生理1人)が、13号館に興味を持ったという共通点で春から1つの部屋で勉強することとなりました。家族よりも多くの時間を共有することとなり、時が経つにつれてお互いを理解していき、その中でそれぞれのペースで生活しています。4人で1つの部屋の心地よい空間を作っているため、今では誰かがいないと変な感じです。
メンバーはそれぞれ個性的で面白いのですが、それらの個性が集まって部屋の中はボケ:ツッコミ=3:1くらいの雰囲気で通常運転しております。
そんな仲が良い卒研生たちですが、みんなマイペースなため今まで一度も親睦会が開催されませんでした。そして先日、ついに卒研生の親睦会が企画されました。JCさんが野菜嫌いで、K城さんが量を食べることから、焼肉の食べ放題に決定しました。女子4人の卒研生が親睦会をすると話に花が咲くかと思われましたが、実際には焼肉を制限時間ギリギリまでひたすら食べ続け、何を話したか覚えていません。K城さんがたくさん注文し、私とU原さんでどんどん焼き、JCさんは焼き加減を慎重にチェックする、という息のあった連携で気が済むまで食べました。
この微妙な距離感の写真は、K城さんが撮ってくれました。
b0136535_08343968.jpg
卒業研究発表に向けて、残りの時間もこの部屋でこのメンバーと共に切磋琢磨してまいります。


[PR]
by Fujii-group | 2017-12-10 15:54 | メンバーの日記 | Comments(0)