A木さんの学会報告

こんにちは。首都大では今日から3日間、大学祭が行われる予定です。

ぜひ、首都大学東京に興味のある高校生やお友達のいる大学生、ご近所の方々など、こぞって来ていただきたいと思っています。(そんな私は実験をしているM2A木です。)

さて、先月の14日(土)、御茶ノ水にある順天堂大学センチュリータワーにて、国際スポートロジー学会学術集会が行われました。この学会は順天堂大学の研究者の方々を中心とした国際学会で、当日は2020年のオリンピック・パラリンピックに向けての講演を中心とした、今まで私達が学んできた領域とは異なるお話を伺える学会でした。

学会の最終プログラムにポスターセッションがあり、当研究室の三田佳貴くんが「Effectof chronic muscle contraction on endurance-training-associated proteinexpression in mouse primary cultured myotubes」というテーマで発表をしました。

英語での発表だったため三田くんはこの日のために何度も発表練習を繰り返していました。その成果もあり、本番では立派にポスターフラッシュで話しており、その姿を見て、同級生ながらすごいな、頑張っているなと刺激を受けました。

(ただ、三田くんは布でポスターを作ったにも関わらず、「ポスターを布で作る意味」を忘れていたのか、大切そうに筒に入れて持ってきていました。会場を去る際に「布だから筒がいらないんだよ!折りたためるよんだよ!」とM鍋先生から指摘され、猛烈に反省している三田くんでした。天然ですね(苦笑))

現在、M2は修士論文の執筆やデータをまとめるための実験に勤しんでいます。ドクターに進学する三田くんに負けないよう、私も頑張りたいと思います。

三田くん、おつかれさまでした!!

b0136535_13490217.jpg


[PR]
by Fujii-group | 2017-11-02 17:44 | メンバーの日記 | Comments(0)