M下の日記「ノートの使い方」

今回は、DコースM下さんのメンバー日記。とても参考になります。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

M下です。私は文房具、特にノートが大好きです。
ノートとは、あのノートです。複数の紙を糸や金具や糊で束ねた文房具です。
今回は私のノートの使い方について紹介します。

日々のタスク管理においてノートは必須のアイテムです。
その日にやることや実験のスケジュール、提出物の締切など忘れてはいけないことは書き留めるのが一番です。

特に実験をやっていると、ちょっとした気づきや、先生に言われたこと、キットや器機の使い方など、メモを取らないといけない場面に多く出くわします。
また、悩み、研究のアイデア、自己分析、なんとなく考えたことなど自分の頭の中で生まれたものは、雲のようにふわふわしています。自分で自分の考えを理解するためにはきちんと書き出して整理する必要があります。すぐに忘れてしまいますしね。

私は数年前から情報管理や自分の頭の中の考えを整理するためにノートを活用し始めました。

いろんなノートを試しました。
リングノート、スケッチブック、100均ノート、綴じノート、メモ帳、落書き帳

サイズもいろいろ試しました。
B5、A4、A5、A6、手のひらサイズ、トラベラーズノートサイズ(サイズの正式名称がわからない・・・)

書く内容によってノートを使い分けたりもしました。
ただのメモ用、頭の中を整理する用、実験用、日記用、タスク管理用、写真や思い出管理用、お絵かき用


しかし私の性格の問題か、きれいに系統だってまとめることができないこと、また、何をどこに書いたかわからなくなることが多く、最終的には1冊のノートにほぼすべてを書くことで落ち着いています。


【私の好みのリングノートと綴じノートについて】
リングノートはロールバーンのL版が気に入っています。
特徴は、ページ数が多い、紙がクリーム色で方眼、ベルトがついている、カラーがたくさんあって選ぶのが楽しい、ポケットがついていてシールや切手、証明写真なんかを入れられることです。
しかしリングが邪魔で結構書きづらいのが短所。
さらにリングノートの長所でもあるけれど、ノートがちぎれやすくて、ガサツな私には向いてないみたいです。


綴じノートは生協の分厚いA4サイズが気に入っています。
コクヨのcampusノートでもいいけど、耐久性とページ数、紙質では生協ノートに劣ります。
サイズに関して、B5だと1日のタスクやメモを見開き1ページにおさめることができなくて何ページも使ってしまうことになりますが、A4だと割と大きな字で書いてもたくさん書けるし、図も入れられ、印刷物を貼ってもはみ出ることが少ないです。総合してバランスがとりやすいと感じます。
バッグに入れるには大きすぎるけど、コスパは高いと思います。



【ノートの使い方について】
ノートにはまず表紙に、使い始めの年と月、名前、何冊目かを書くようにしています。
b0136535_8265147.jpg

そして使い終わったら使い終わりの年と月を書きます。これだけでも後で確認したい情報が探しやすいです。
私は昔やったことを確認したいときがあり、よくノートを見返します。
ざっくり大事なことだけでも、何が書いてあるかを表紙の内側に箇条書きしておけばなお探しやすいと思います。

朝大学に来たらまずノートを開きます。
左上に日付と曜日を書き、その日にしなければならないことを書きだします。
空いたスペースに考えたことや、後日やらなければならないことなどのメモを書きます。


日付が変わったら余白があっても必ず新しいページから始めます。
後で見返す時に日付で区切りがはっきりしてわかりやすいからです。

また、基本的にきれいに書こうとはしません。
とにかく書く。何でも書く。基本的に見るのは自分だけなので、きれいに書くのは実験ノートに後でまとめるときか、残したい情報はPCに打ち込んで印刷すればいいのです。
きれいに書くことにとらわれて大事な情報を逃してしまう方が怖いと思います。


そして最後に、使い終わったノートは捨てない。b0136535_8272075.jpg
これは知的財産の詰まった宝物です。

私は4月からこのラボにきて今3冊目のノートを使っています。だいたい1年でA4ノート3~4冊のペース。

ナンバリングして、数年は保管します。
後でかならず役に立つときが来ます。


【追記:筆記具について】
ノートとセットで使う筆記具も使いやすいものを選びます。
私は黒、赤、青の3色ボールペンを2種類使っています。
JETSTREAM 0.7mm(油性)と、HI-TEC-C coleto 0.4mm(水性)です。
(一応断っておきますが、最近はやりのステルスマーケットじゃありません。)
特に使い分けはしていませんが。紙によって書きやすい方を使っています。
毎日使うので替え芯をストックしています。
もはや替え芯のストックがなくなると不安でそわそわしてしまいます。
毎日書きたいと思えるものを見つけてください。
これはノート術を続ける上で意外と大事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ノートの使い方、手帳管理術に関する書籍は巷にあふれています。
どれが自分にとって最も楽か・・・正解はありません。本に書いてあるからいいというわけではありません。きっと合う合わないだと思います。
自分に合う方法を見つけてみなさんも素敵なノートライフを送ってください!
[PR]
by Fujii-group | 2012-02-14 08:28 | メンバーの日記 | Comments(0)

分子生物学、運動生化学、生理学研究、の日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30