東日本大震災について

今回の地震に関しまして、藤井ラボを代表して藤井教授から以下のコメントが寄せられました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

震源から遠く離れたここ八王子でさえ、恐怖を覚える揺れでした。被災された方々の体験された苦しみと心中を察するに余りあります。被災された方にお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

本研究室では本日の朝にミーティングを持ち、わずかではありますが義援金を送らせていただくことを決めました。わたし達ができることは節電などの小さな事しかありませんが、普段とは違う非日常の行いを通して心を被災地に向け続けたいと思っています。

わたし達の研究対象の一つにAMPキナーゼと呼ばれる細胞内の蛋白質があります。細胞のエネルギー・レベルが低下した時に活動を活発化させ、生きるためのエネルギーを作り出す蛋白質です。地震によって大きなダメージを受けたいまこそ、AMPキナーゼのように行動する。それが本研究室メンバー全員の意志です。

                                               運動生化学研究室 一同
[PR]
by fujii-group | 2011-03-14 17:50 | お知らせ | Comments(0)