第三回独り占めセミナー

今年度も残すところあと数日となりましたが、今年度最後の運動生化学独り占めセミナーを3/31に開催することになりました。
これまでは、「独り占めセミナー」という名のもと、事前のお知らせはしていなかったのですが、今後、このようなセミナーの数も増やし、さらに充実していきたいために、事前にお知らせすることにしました。もし、聞いてみたい!と思った方はぜひ参加してください。「セミナー途中で質問があれば中断あり」という気軽なセミナーですので、単に聞くだけの受動的なセミナーよりも為になります!!
今回のタイトルは以下の通りです。

第三回 土屋美穂(群馬大学大学院医学系研究科 生体調節研究所 分泌制御分野)
「コレステロール合成経路中間体が膵β細胞のインスリン分泌と分泌顆粒形成を増加させるメカニズム」
2009年3月31日 16時30分より13号棟2階資料室にて






「代謝調節の分子生物学・独り占めセミナー」

代謝調節について分子生物学的アプローチを行っている新進気鋭の研究者を招き、
最新のトピックを紹介してもらうセミナーです。

第一回 鈴木 敦 (自然科学研究機構 生理学研究所 生殖・内分泌系発達機構研究部門)
「脳・骨格筋・脂肪細胞におけるLeptinとARK5の役割」 2008年11月11日

第二回 狩野 豊 (電気通信大学 量子・物質工学科 生命情報工学講座)
「骨格筋の微小循環動態と酸素拡散」 2009年1月26日
[PR]
by fujii-group | 2009-03-30 09:19 | お知らせ | Comments(0)